VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARを活用して地形と土量を簡単に測量!「スマホdeサーベイ」リリース

株式会社エム・ソフトは2019年10月15日(火)、株式会社大林組と共同で地形と土量を簡単に測量できるアプリ「スマホdeサーベイ」を開発し、同日より一般向けに販売開始したことを発表しました。


「スマホdeサーベイ」について

「スマホdeサーベイ」は、特別な機器を使用することなく、誰でも簡単に素早く土量や地形を把握することができるスマートフォンアプリです。

ARを活用して、盛土等の対象物を認識し、画面上で測量範囲を指定するだけで対象となる地形や土量の測量が可能です。

従来の手法であるトータルステーションや巻き尺などの計測機器での計測に比べて、

・時間を短縮できる

・1人で測量できる

ことで、測量業務が大幅に省力化されます。

また測量後、その場ですぐに測量結果と画像を確認してメールで関係者に送付することも可能です。

■ 製品情報スマホdeサーベイ

■ AppStoreAppStore

※ iPhone(*2)6s以降およびiPad(*2)第5世代以降の端末に対応

「スマホdeサーベイ」開発の背景

エム・ソフト社は、多くの人にARの魅力を伝えるべく、様々なアプリケーションの開発に取り組み、現場の生産性向上に寄与するソリューションを提案してきました。

また大林組は、国土交通省の推進するi-Constructionにより急速にIT化が進む建設業界で、早くから土木・建築工事のIT化に取り組んでいます。

そのような中で、エム・ソフト社の得意分野であるAR・画像技術を活用し、土木・建築工事における生産性の向上を目的に、「スマホdeサーベイ」AR版の共同開発が進められることとなりました。



「スマホdeサーベイ」使用方法

「スマホdeサーベイ」の使い方は以下のとおりです。

1.測量タイプを選択

以下3つの中から測量タイプを選択します。

①横断測量

②盛土 土量

③掘削 体積

2.仮想ポールで計測範囲を指定

対象となる計測範囲に、ARで仮想ポールを設置します。

3.計測結果を表示

その場ですぐ測量結果が確認できます。

結果は画像データとして保存され、写真との合成やメール送信も可能です。

まとめ

いままでの測量では、2名の計測員が機器を操作したり移動したりする必要がありましたが、スマホdeサーベイでは、ひとりの計測員がその場で簡単に測量できる点が特長です。

また結果はPCやクラウドに取り込んでから図化や計算が必要でしたが、今回のアプリでは特別な機器やPCやクラウド環境も不要でスマホのみで測量・計算が行えます。

従来の方法との誤差は数%程度とのことで、土木・建築工事の現場で日常的に生じる測量業務が大幅に省力化され、業務効率の向上が見込まれています。

ソース:プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む