VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

台風の猛威をVRで体験!「防災VR暴風雨編 」11月リリース!

AR/VR/MR事業を手がける株式会社アイデアクラウドは2019年10月16日(水)、VRを利用した暴風雨体験アプリケーション「防災VR暴風雨編」を開発し、11月にリリース予定であることを発表しました。


新コンテンツは台風の脅威を体感できる「防災VR 暴風雨編」

アイデアクラウド社は、近年、多発する勢力の強い台風による大きな被害の報道などを受け、避難することの大切さ、暴風雨の恐ろしさを広めるため、「防災VR暴風雨編 」を防災イベントでの実運用を想定したパッケージで、11月4日にリリースすることを明らかにしました。

「防災VR 暴風雨編」動画

「防災VR 暴風雨編」360°動画

「防災VR 暴風雨編」で大型台風をVR体験!防災意識を高めよう

「防災VR 暴風雨編」は、2018年~2019年に日本で発生した大型規模の台風を想定して開発されました。

暴風域に入った際の横殴りの雨と風、さらに様々なものが飛ばされていく様子など、台風の恐ろしさをVR空間で、リアルに体験できる内容となっています。

また風、雨の強さを調整し、個別の台風の状況を再現するなどカスタム対応も可能です。



防災イベントでよりリアルな体感を実現するシステム

アイデアクラウド社のVRコンテンツは、これまでにも防災VR火災体験、地震体験などをリリースしており、さまざまな自治体や企業の防災訓練、防災イベントで活用されてきました。

今回そうしたイベント運用の知見から、学校での児童・生徒の利用、複数人での体験など、様々な防災イベントで利用できるパッケージ化が進められています。

また、今回のパッケージでは大型扇風機とのセット販売が予定されており、視覚だけではなく、暴風を体感できる「防災VR」となる予定です。

詳細:防災VR/ARサイト

「防災VR」の今後の展開

様々な災害に対応したVRコンテンツを開発しているアイデアクラウド社では、同社が運営している防災VR/ARサイトにおいて、多くの人に防災意識を高めてもらうため、防災VR/ARコンテンツの充実を図るとともに、この冬には防災グッズを取り扱うECサイトの公開を予定しているとのことです。

まとめ

あまりにも多くの被害をもたらした台風19号では、豪雨〈水〉の恐怖を、台風15号や昨年に近畿地方などで大きな被害をもらたした台風21号では暴風のすさまじさを感じられた人が多かったと思います。

台風に対する意識や防災への意識が高まった方も多いと思いますが、今回リリースが予定されている「防災VR 暴風雨編」を防災イベント等で活用し大勢の方が体験することで、自然災害の脅威を体感し、災害への現実的な備えにつながるでしょう。

ソース:「防災VR暴風雨編」に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む