VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

スマホだけで骨格を3D解析!AI骨格検出システム 「VisionPose Single3D for iOS」リリース

株式会社ネクストシステムは、WEBカメラで人間の骨格を検出するシステム「VisionPose(ビジョンポーズ)」シリーズの1つとして、カメラ“1つ”で人間の骨格を検出する「VisionPose Single3D」のiOS向けSDK「VisionPose Single3D for iOS」を2019年10月28日(月)より販売を開始したことを発表しました。


「VisionPose Single3D for iOS」について

「VisionPose Single3D(以下 Single3D)」は、人間の骨格を3Dで解析するAI骨格検出システムです。

WEBカメラで人間の骨格を検出するシステム「VisionPose(ビジョンポーズ)」シリーズの別製品であるVisionPose(Standard)では、カメラ2つを利用して3D骨格検出をするのに対し、Single3Dではカメラ1つで人間の骨格を3D骨格検出することができます。

2019年9月にリリースされたWindows Unity版に加え、今回iOSアプリでも高機能な骨格検出技術が利用できるようになりました。

特長

Single3Dではカメラ1つでの3D骨格座標の取得のほか、2Dでの骨格座標の取得にも対応しています。

測定可能な関節の部位は3Dの場合で17箇所、2Dの場合で30箇所です。

※Single3DとStandardでは3D座標の原点が違います。

※Single3Dは腰が原点であるのに対してStandardではカメラが原点です。

測定可能な部位

3Dの場合、Single3Dで測定できる関節の部位は以下17箇所です。

2Dの場合、Single3Dで測定できる関節の部位は以下30箇所です。

モーションキャプチャ用サンプルアプリ同梱

Single3Dでは、骨格可視化アプリ『BodyAndColor with MICHICO』(3Dモデルデータ)がサンプルアプリとして同梱されています。

サンプルアプリでは、カメラ映像からリアルタイムに人物の骨格可視化を行い、3Dキャラクターのミチコを動かすことが可能です。

通常モーションキャプチャを行う際はカメラを複数台用意し、対象にデバイスを装着する必要がありますが、アプリを利用すると、特別なデバイスは一切装着せず、手軽に体の動きを3Dキャラクターへ反映することができます。

※ミチコ・・・ネクストシステム社のバーチャル広報担当

BodyAndColor with MICHICO利用イメージ(iOS版)





「VisionPose Single3D」の活用分野

骨格推定を用いたディープラーニングによる画像認識は、

・フォームチェックや採点補助などスポーツの動作解析

・監視カメラを用いた不審者の検知や急病人の検知

・消費者行動解析によるインサイト調査

・VTuberやアーケードゲームなどのエンタメ分野への応用

・保育園や介護施設での見守りシステム

・フィットネス・リハビリ分野での姿勢解析

など、さまざまな分野での活用が期待されています。

VisionPose骨格検出イメージ(野球)

VisionPose骨格検出イメージ(ダンス)

「VisionPose Single3D for iOS」製品概要

価格:498,000円(税抜)/1アプリ

※リリースライセンスはダウンロード数に関係なく上記価格で利用可能です。

※VisionPose Single3D for Windows Unityとは料金体系が異なります。

製品サイトVisionPose Single3D

パッケージ内容: VisionPose Single3D本体

VisionPose Single3Dマニュアル

リアルタイム骨格可視化サンプルアプリ「BodyAndColor with MICHICO」

まとめ

「VisionPose」は、WEBカメラのみで複数人の骨格深度情報を検出可能なAIエンジンを含むSDKパッケージ製品で、AIによる推論・解析を行い、リアルタイム映像だけでなく動画・静止画からも解析を可能としています。

また、画像や音声・文章など元々あるデータに対しその説明などの付加情報を設定するためのアノテーションツールの提供や追加学習が可能な点も強みです。

骨格検出技術の発展は、スポーツや医療、介護、エンタメや産業など幅広い分野での期待を受けており、最近ではVisionPoseを時系列データに対応させて特定動作を検出させるなど、骨格位置を検出するだけではなく、さらに発展させたソリューションも紹介されています。

ソース:プレスリリース[@Press]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む