VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【後編】「スマホだけで骨格を3D解析!AI骨格検出システム 『VisionPose Single3D for iOS』リリース」など注目記事を振り返り!!

2019/11/03 13:00

VRニュースイッキ見_11月3日_後編

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(10/25〜10/31) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-169830/


①専用アプリ不要!WebARコンテンツ作成プラットフォーム「Union AR」提供開始

ニュースイッキ見_WebARコンテンツ作成プラットフォーム「Union AR」提供開始

Webブラウザを利用して体験できるARコンテンツを作成するためのプラットフォーム「Union AR」の提供が開始されたことが発表されました。

ITソリューションプロバイダのNSWが提供する「Union AR」では、専用アプリを必要とせず、ARに関する特別な知識やスキルがない企業でも簡単にARコンテンツを作成することができます。

NSWは「Union AR」を通して、ARのビジネス活用による企業のデジタル変革を支援していきたいとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-169372/

②ARで紙面からの購入が可能に!ブラウザ型AR「raton」実用開始

VRニュースイッキ見_ブラウザ型AR「raton」実用開始

今年8月にリリースされたブラウザ型ARサービス「raton」が、10月31日に創刊されるファッション雑誌「MAU(マウ)」に採用されたことがわかりました。

「raton」を開発したインフォテックスが10月28日に発表したもので、ファッション雑誌「MAU」に採用され、本格的な実用化が開始したことになります。

紙面から購入までができるシームレスな体験を実現するほか、ARフォトフレームにより本雑誌の表紙モデルを飾っているかのような写真を撮影することも可能です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-169459/

③今度は"置いて測れる"!ARアプリ「HakaruAR」がアップデート

VRニュースイッキ見_ARアプリ「HakaruAR」がアップデート

xR事業を手がけるアイデアクラウドは10月10日、複数距離や面積の測定などを誰でも手軽に「測れる」アプリ「HakaruAR」をアップデートしたことを発表しました。

アップデートにより素早くより正確に計測ができるようになったほか、「置いて測れる」機能も追加されています。

これまでは点と点をつなぎ、距離や面積、角度を計測するものでしたが、新機能では空間に半透明の立方体をARで配置し、縦横の長さを変えながら、辺の長さや体積を計測することが可能です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-169404/



④ARで電波強度を可視化!iOSアプリ「AR-WAVE」リリース

VRニュースイッキ見_iOSアプリ「AR-WAVE」リリース

10月29日、株式会社ルーキングはWi-Fiなどの電波強度を可視化して、ネットワーク環境を強化することができるスマホアプリ「AR-WAVE」をリリースしたことを発表しました。

「AR-WAVE」はルーキング社とLGC-Labが共同で開発したもので、Wi-Fi・Bluetoothなど各キャリアの電波強度を調べ、ARで視覚的に表示することが可能です。

ホームスピーカー、ルーターなどのネットワーク機器の電波を可視化して、ネットワーク環境の向上に繋げることができます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-169702/

⑤スマホだけで骨格を3D解析!AI骨格検出システム 「VisionPose Single3D for iOS」リリース

VRニュースイッキ見_AI骨格検出システム 「VisionPose Single3D for iOS」リリース

株式会社ネクストシステムは、iOS向けSDK「VisionPose Single3D for iOS」を10月28日より販売開始したことを明らかにしました。

「VisionPose Single3D for iOS」は、AIによる推論・解析を活用しカメラ“1つ”で人間の骨格を検出する「VisionPose Single3D」シリーズの新バージョンで、9月にリリースされたWindows Unity版に続くものです。

骨格推定を用いたディープラーニングによる画像認識は、スポーツや医療、介護、エンタメや産業など幅広い分野での活用が期待されており、iOSアプリ版でも活躍が見込まれています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-169523/

まとめ

今週後半はARに関するニュースが注目を集めていました。

xR分野の中でもAR技術は産業分野、エンタメ分野での活用が目立っていて、もはや日常の中でも身近な技術ということができます。

それだけにAR技術の開発・発展は目覚ましいものがあり、AR開発で得られた知見・ノウハウが相乗効果によりxR全体の発展・普及につながることに期待したいところです。

今後も楽しく、役に立つARコンテンツが登場してほしいものですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む