VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARで商品を360°バーチャル化!スマホでサイズや雰囲気のシミュレーションができるサービス「AR GR」リリース

WEB制作会社の株式会社ジーアールは2019年11月1日(金)、360度すべての角度で商品をバーチャル化できるAR制作サービス「GR AR(ジーアール エーアール)」をリリースしたことを発表しました。


「GR AR」について

「GR AR(ジーアール エーアール)」は、商品を360度すべての角度でバーチャル化して、まるでそこにあるかのような仮想空間を創り出し、サイズ感や雰囲気を表現することができるAR制作サービスです。

「GR AR」には

・アプリ不要でWEBで見ることが可能

・実寸大でサイズ感がわかる

・360°回転して細部までチェックできる

・スマホがあればどこにいてもAR体験が可能

という特長があります。

また、月額費用が一切発生せず、商品の数やサイズに応じての制作費用となり、ランニングコストがありません。

企業が商品のインパクトや差別化を図りたい場合や訴求力の高さを求める場合には、ARを活用したプロモーションによって大きな効果が見込めます。

■ サービス紹介サイトGR AR




ARの活用事例

ARとは、現実世界にコンピューターで作成したCGなどを重ねる技術です。

商品に関するシミュレーションでは、

・家具や雑貨等のサイズや配置

・料理のサイズ感

・服のサイズ(試着)

など、様々な場面で活用されています。

ゲームの分野では、2016年に登場して世界中の人々が熱狂した「ポケモンGO」が最もメジャーですが、ほかにも伝統芸能や美術鑑賞でARの鑑賞システムが利用されていたり、AR技術を用いた新しいスポーツも生まれ、迫力あるプレイを間近で見たいスポーツ観戦でもARは活用されています。

またエンタメ分野以外に、教育や技能訓練・シュミレーション、医療、観光、建設分野などにおいても活用が進んでいます。

まとめ

今回リリースされたサービスでは、煩わしいアプリインストールすることなく、360°の角度から商品の詳細情報を知ることができるようになります。

現在ARは、メガネ型の端末を装着するか、スマホやタブレットをかざしての利用ですが、コンタクトレンズ型のグラスで体験できるようになれば一気に社会に普及すると考えられており、すでに多数の企業で開発が進められています。

ARは爆発的に成長しているとはいえ、未だ発展途上の技術でもあり、いまある課題がクリアされより身近な技術になっていけば、“ARなしの生活は考えられない”という時代が到来するかもしれません。

ソース:「GR AR」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む