VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで労災ゼロ社会を目指す!製造現場での危険行動を体感できる「安全道場VR」リリース

凸版印刷株式会社は、さまざまな危険行動をVRで体験することで効果的な安全教育を行うことができるVRコンテンツ「安全道場VR」を製作し、2019年11月14日(木)より製造業向けに提供開始したことを発表しました。


「安全道場VR」について

「安全道場VR」は、凸版印刷社の持つVRコンテンツ製作の知見や、安全に関する体感教育ができる施設「トッパングループ安全道場」の運営ノウハウを活かして製作されたVRコンテンツです。

実際に起こりうる労働災害を再現したVRコンテンツが収録されており、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用意するだけで簡単に体験することができます。

VRを活用することで、教科書や座学の研修以上に危険行動をリアルに体感することができ、危険予知能力を身につけ労働災害を未然に防ぐための教育として、より高い効果が期待できます。

「安全道場VR」開発の背景

近年の製造業の生産現場において、AIやIoTなどの導入による製造プロセスの高度化や省力化が進むにつれて、危険要因が見えにくくなり、従業員の危険に対する感度が薄れてしまうことが大きな問題となっています。

これを受けて凸版印刷社では、2010年に安全に関する体感教育ができる施設「トッパングループ安全道場」を開設しています。

社内の研修だけでなく社外の研修としても多く活用されていますが、「安全道場」まで足を運ばなければ、さまざまな安全教育を受講することができないという課題がありました。

そのような課題から、凸版印刷社の従来培ってきたVRを活用したデジタルコンテンツの開発・提供実績や「トッパングループ安全道場」の運営ノウハウを活かして、VRを活用した安全教育コンテンツ「安全道場VR」が製作されました。




「安全道場VR」の特徴と内容

「安全道場VR」では、高い教育効果を実現するべく、すべて実写で実際の機械や工具を利用して製作がされており、凸版印刷社が運営する安全に関する体感教育ができる施設「トッパングループ安全道場」が監修し、現場に近いリアルな危険体験が実現されています。

内容は、実際に起こりうる労働災害を再現した7つのシーンが収録されています。

①カッター作業

正しくカッターを使用しなかったことによって起こりうる労働災害をリアルに体感できます。

身近にある刃物の危険性や労働災害が起きる原因を、効果的に学習することができます。

② 機械稼働

コンベア清掃時、電源を切らずに稼働したままのコンベアに手を出してしまう状況が再現されています。

稼働中の機械に触れることの危険性をリアルに体感することで、清掃時に徹底するべき安全行動の大切さを学習することができます。

③ 高所作業

本来は複数人で行うべき高所作業を、一人で行ってしまう危険行動を体感できます。

脚立や梯子を正しく安全に使用しなかった場合の危険性を学習することができます。

④ エアーブロー清掃

エアーホースを使用した機械などの清掃作業(エアーブロー清掃)後に、ホース内の残圧処理をしていないせいで、ホースが暴れてしまう危険が再現されています。

正しく残圧処理を行わないことの危険性を学習することができます。

⑤ 可燃性溶剤火災

静電気が可燃性溶剤に引火して起こる火災を体感できます。

労働災害が起きた原因である、静電気処理を適切に行わないことの危険性を効果的に学習することができます。

⑥ 機械点検

機械内部に異常が発生し点検を行う際、一緒に作業を行う人の誤った機械操作により発生する労働災害を体感できます。

共同作業時に注意するべき事項を効果的に学習することができます。

⑦ 機械清掃

機械稼働中にローラーの清掃作業を行ってしまった際に発生する労働災害が再現されています。

機械を停止せずに作業を行うことの危険性を体感することができます。

まとめ

安全に関する体感教育が、専門施設へ足を運ばなくても、VRによって受講できるようになりました。

リリースされた「安全道場VR」がさらに多くの人に利用され、労働災害が減少することを望みます。

凸版印刷社は、事故の無い安心して働ける社会の実現に向け、今後もVRを活用した防災・減災ソリューションの開発を進めていきたいとしています。

ソース:「安全道場VR」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む