VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRコラボサービス「NEUTRANS BIZ」を活用し社員研修!山口県の衛星通信施設をVRで見学

VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発を手掛ける株式会社Synamonは、KDDI株式会社においてVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」活用による社員研修が実施されたことを発表しました。


「NEUTRANS BIZ」を活用したVR社員研修


今回のKDDI社による社内研修は、「NEUTRANS BIZ」の360度映像再生&共有機能を活用し、「NEUTRANS BIZ」内で研修参加者複数人が同一の360度映像を閲覧しながら、コミュニケーションを取るという形式で実施されました。

共有した360度映像コンテンツは、山口県にある衛星通信センターを撮影した映像に、CGコンテンツ、ナレーションを追加したものです。

参加者はVR空間内でコンテンツを視聴しながら、近くにいる参加者とコミュニケーションを取り、遠く離れた現地に直接行くことなく施設の詳細を学ぶことができました。

Synamon社は、本取り組みにおける狙いや、結果と今後の展望について、KDDIの企画者にインタビューを行い公式サイト上で発表しています。

▼VRだからいつもの社員研修より能動的に学習できる 「NEUTRANS BIZ」が実現した未来の研修の形



「NEUTRANS BIZ」とは?

「NEUTRANS BIZ」は、会議や研修教育など様々なビジネスシーンにおいてVR空間を複数人で共有することでリアルを超える対話を生み出すエンタープライズ向けのVRコラボレーションサービスです。

Synamon社は「デジタルとアナログが融合した世界をいち早く実現したい」、「XR技術をインターネットのようにあって当たり前の世の中へ」という想いのもと、理想の世界を早期実現するため、VR空間での最適なユーザー体験を創ることを目指したマルチプレイベースシステム「NEUTRANS」の自社開発を行っています。

ベースシステム「NEUTRANS」を軸に、VR技術を活用した独自システム構築や先端事例創出を目指した研究開発を行う「NEUTRANS SOLUTION」と、「NEUTRANS BIZ」の2つのサービスをエンタープライズ向けに展開しています。

XR技術を活用した研修、教育領域への展望

Synamon社が提供しているVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」は現在、会議用途での利用が代表的な活用方法となっていますが、今後はこれらの活用方法に加え、研修、教育をはじめとした幅広いビジネスコミュニケーションの形を実現していく予定だということです。

詳細:サービスサイト

まとめ

Synamon社が公式サイト上で公開したインタビュー記事を読むと今回の社内研修がいかに実り多いものだったことがわかります。

今回の研修先が衛星通信センターということで、巨大なパラボラアンテナをドローンで空撮した映像も利用されたようですが、上からパラボラアンテナを見ることは現地に行っても出来るわけではありませんから、現地で視察する以上の情報があったようです。

また、VR空間内で参加者がアバターとしてコミュニケーションをとるという形式もより学習が深まった要因のようです。

現地を見るということは大切なことですが、遠方への工場見学などは、時間もお金もかかります。

VRで実際に現地に行く以上の研修効果が得られるのであれば、今後VR社外研修は増えていくでしょうね。

ソース:「NEUTRANS BIZ」を活用した社員研修に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む