VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARシューティングバトル「HoloBreak」のイベントを大阪「VS PARK」で開催

Graffity株式会社は、株式会社バンダイナムコアミューズメントが運営するエンタメ系バラエティスポーツ施設「VS PARK(ブイエスパーク)」にて、ARシューティングバトル「HoloBreak(ホロブレイク)」の体験イベントを2019年12月14日(土)、15日(日)に開催することを発表しました。


「HoloBreak」特別版で大阪上陸!


「HoloBreak」は、2対2で行うARシューティングゲームです。

プレイヤーはスマホを片手に、8m×5mのフィールドを自由に動き回りながら、相手チームとARで撃ち合います。

実際にフィールド内で動き回りながら遊ぶため、従来のスマホアプリとは違う「リアルに汗をかく」体験ができます。

今回「VS PARK」特別版として、「HoloBreak for Location」が開発され、次の機能がプラスされました。

2~6人でプレイ可能 

プロジェクター投影による観戦モードの追加

スマホをセットするリアルな銃

これにより、ARシューティングゲームのさらなる体験向上が期待されます。

「HoloBreak」イベント概要

会場:VS PARK(大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内)

イベント開催日:2019年12月14日(土)・15日(日)

開催時間:9:00-21:00

※体験には「VS PARK」の入場が必要。通常料金 一般 2,800円/2時間

「HoloBreak」ロケーション提供パートナー募集中!

Graffity社では、ARシューティング「HoloBreak」を、教材(授業)としての利用・商業利用・社内研修等に活用してくれる、ロケーションの提供者を募集中です。

これまでに体育選択科目での採択や学園祭イベントでの活用、エンターテインメント施設でのイベント等で活用されています。

募集要件

1. 「HoloBreak」をプレイする広さのあるコート(推奨:1コートあたり8m×5m)、スペースが用意できること

2. 対応スマートフォンを用意していただくこと

応募方法・詳細:HoloBreak公式サイト



バンダイナムコアクセラレーターとは?

今回のイベントは、「VS PARK」の運営会社であるバンダイナムコグループの事業開発プログラム「バンダイナムコアクセラレーター」の協力のもと開催されます。

「バンダイナムコアクセラレーター」は、バンダイナムコグループが事業開発支援を行い、スタートアップとの共創による、新しい夢、新しい遊びの創造につなげることを目指すプログラムです。

Graffity社は、「バンダイナムコアクセラレーター2019」に応募した206件のビジネスプランから採択され、現在バンダイナムコグループの支援のもと「HoloBreak」の開発・検証を進めています。

まとめ

「HoloBreak」は、各地でイベントを開催したり、高校の体育の授業に採択されるなど、体験者を増やしています。

また、今回は「VS PARK」特別版として、「HoloBreak for Location」でのARシューティングバトルが楽しめます。

コートを自由に動きまわりながらスマホのARアプリで撃ち合いをするゲームですが、これまではスマホを構えてバトルしていましたが、今回はスマホに銃を取り付ける形でバトルができ、よりリアルにシューティングバトルを楽しめそうですね。

ソース:「HoloBreak」イベントに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む