VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【前編】「トンデモ科学?ロシアで行われた牛にVRを見せて牛乳の生産量アップの試み」など注目記事を振り返り!!

2019/12/07 13:00

週末恒例!

今週(11/29〜12/5)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「ええっ!こんなことあったの!」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①発達障害支援VRプログラムemouでVRトレーニングの有効性検証!自治体初、三重県の特別支援学校で実施

ニュースイッキ見_発達障害支援VRプログラムemouでVRトレーニングの有効性検証

発達障害者へのVRトレーニング効果検証を目的とする、公立の特別支援学校にてVRを活用したテストが開始されました。

11月28日にジョリーグッド社と三重県が発表したもので、公立の特別支援学校でVRを活用した検証が行われるのは全国の自治体でも初めての取り組みとなります。

今回のテストは、ジョリーグッドが提供する発達障害支援VRプログラム「emou」(エモウ)を用い、VRによる対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能を獲得する「ソーシャルトレーニング」の教育現場での有効性を検証するものです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171513/

②「超受付さん」がキャラクター召喚装置Gateboxに対応!企業受付システムの導入を支援

VRニュースイッキ見_「超受付さん」がキャラクター召喚装置Gateboxに対応

Gatebox株式会社とアップフロンティア株式会社は、キャラクターによる来訪者のアテンドを自動で行うシステム「超受付さん」の「Gatebox」に対応したモデルの開発と販売に関して提携合意したことを発表しました。

キャラクターをボックス内に召喚する「Gatebox」は個人向けに開発されたものですが、Gatebox社は「オフィスの受付」「展示会やイベントの案内」などのビジネスシーンでの応用も視野に入れ活動を進めています。

今回の「超受付さん」との提携はこのようなGatebox社の取り組みにピッタリ合うものであり、今後もビジネス領域での「Gatebox」活用の可能性をアップフロンティア社と共同で追求していくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171579/

③KDDIとフェイスブックが5G時代のXR活用について連携!新しいショッピング体験を開発へ

VRニュースイッキ見_KDDIとフェイスブックが5G時代のXR活用について連携

KDDIは、フェイスブックと連携して5G時代のXR活用について、ビジネスの拡大に活用できるサービスを共同で開発していくことを発表しました。

xR分野が大きくシェアを伸ばしていくと予想される5G時代を見据え、企業のデジタルトランスフォーメーション (DX) を支援する新しいサービスの開発を目指していくとのことです。

具体的には、製造業、販売業などで「SNSを活用した試着・試用や商品購入」「AI店員 (デジタルヒューマン) による接客体験」など新しいショッピング体験を紹介する「フューチャーポップアップストア」を2020年春に共同で開設する予定となっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171486/




④自閉症の自立活動を支援!特別支援学校で「掃除機をどこまでかけたかわかるAR」を用いた授業を実施

VRニュースイッキ見_特別支援学校で「掃除機をどこまでかけたかわかるAR」を用いた授業を実施

本庄特別支援学校の「自立活動」授業にて、ARテクノロジー「掃除機をどこまでかけたかわかるAR」を用いて、掃除機での清掃活動を実施したことが明らかになりました。

「掃除機をどこまでかけたかわかるAR」を開発した「る株式会社」が発表したもので、同校と共同で進めている自閉症児を対象とした自立活動のための取り組みとして行われたものです。

ARを使い掃除機をかけた領域を視覚化することで、通常保護者などの支援が必要である清掃活動を人的支援なしで行うことできるようになります。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171600/

⑤トンデモ科学?ロシアで行われた牛にVRを見せて牛乳の生産量アップの試み

VRニュースイッキ見_ロシアで行われた牛にVRを見せて牛乳の生産量アップの試み

ロシアの牧場で行われていた最新VRテクノロジーを使った牛乳の生産量アップに関する取り組みが、一枚の写真をきっかけに世界中で話題となっています。

この取り組みは、牛の骨格に合わせた特注VRゴーグルを使い、牛の視覚の研究から構成された牛が最もリラックスできる映像を流すことによって、牛乳の質・量の向上につなげるというものになります。

現在はテスト段階で成果に関しては発表がありませんが、モスクワ農業食料省が発表した「VRゴーグルをかぶった牛の写真」のインパクトから、世界中でネタ的なニュースとして話題になっている面もあるようです。

また、動物を仮想現実に押し込み人間に都合よく働かせるという意味で、「動物虐待では?」「ディストピア社会を予感させる」などと指摘する声も多く挙がっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171507/

まとめ

今回はVRやARを使った様々な取り組みに関するニュースが中心となりました。

特に目立ったのが、発達障害者や自閉症患者など、健常者とは見え方が違う人たちを視覚的に助けるという取り組みです。

これらの取り組みをさらに進めることで、xRを活用した視覚・聴覚のサポート体制が当たり前になっていくかもしれません。

そういった意味では、xRはこれからの社会に必要不可欠な技術と言えるのではないでしょうか。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む