VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRでパラスポーツの世界を体験!VRブラインドサッカー体験アプリで小学校で出張授業を実施

VRでパラスポーツの世界を体験!VRブラインドサッカー体験アプリで小学校で出張授業を実施

フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)は、2019年12月16日(月)に品川区立日野学園の小学4年生、5年生の約200名を対象に出張授業「VRでパラスポーツを体験しよう!みんなで共生社会を考えよう」を実施したことを報告しました。


VRブラインドサッカー体験アプリについて

FIFの運営会社であるフューチャー株式会社は、グループの中核事業であるITコンサルティング事業の知見を活かし、ブラインドサッカーを体験できるVRアプリケーションを開発しています。

2016年7月からは同アプリケーションを活用し、ブラインドサッカー大会会場などでVR体験会を実施しています。

また、フューチャー社は、2018年9月にブラインドサッカー協会のサプライサービスパートナー契約を締結し、現在もVRアプリを利用した施策などを実施しています。

VRでパラスポーツを体験!共生社会を考える授業とは?

今回は、次のような流れで、出張授業が展開されました。

1.ブラインドサッカーのVR体験

2. グループディスカッション

3. チーム対抗ゲーム

子どもたちは、VRゴーグルを装着し、最初はVR空間を見ながらブラインドサッカーを体験します。

次に、選手と同じくアイマスクを着けてVRアプリケーションで流れる音だけを頼りにゴールを目指します。

さらに、チームでどうすればボールを捉えられるかをディスカッションします。

最後は、チーム対抗でゴールまでの時間を競いました。

VR体験で子供達が学び、考えたこと

体験を通して、参加した児童には次のことが伝えられました。

スポーツを楽しむ気持ち、上達したい思いは誰でも同じであること

コミュニケーションによって一人では気づかなかった新しいアイデアが生まれること

上達にはトライアンドエラーが大事であること

テクノロジーは様々な人の世界を共有するツールになること



出張授業 実施概要

開催日時:2019年12月16日(月) 8:35~15:35

会場:品川区立日野学園

対象:小学4年生、5年生 計6クラス、約200名

共催:フューチャー株式会社、フューチャー イノベーション フォーラム

協力:学研教育みらい株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社

まとめ

来年の東京パラリンピックやその後を見据えて、パラスポーツを普及するイベント等が各地で行われています。

今回のようにVRを活用した体験会としては、車いすレースが体験できる「CYBER WHEEL X」などのイベントが行われています。

VRを活用することで、場所をとらず、多くの人に手軽にパラスポーツを体験してもらうことができますね。

参照:VRで車いすレースを体験!ゲームだけでなくトレーニングも可能な「CYBER WHEEL X」登場

ソース:VRブラインドサッカー体験アプリに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む