VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 服にスマホをかざすと動物が出現!アプリ不要でARが楽しめるTシャツ&ポンチョ登場

服にスマホをかざすと動物が出現!アプリ不要でARが楽しめるTシャツ&ポンチョ登場

恵比寿のアパレルショップADDLUX(アドラクス)は2019年12月24日(火)、特別なアプリをインストールすることなくARが楽しめる洋服を発売したことを発表しました。


ARを気軽に楽しめる洋服

恵比寿のアパレルショップADDLUX(アドラクス)が、新しい洋服の楽しみ方として、特別なアプリのインストールが不要でARを楽しめる洋服を発売しました。

今までもARを取り入れた洋服はありましたが、そのどれもが特別なアプリのインストールが必要でしたが、今回発表された服はインストールという煩わしさを排除し、iPhoneがあればすぐに楽しめることが特徴です。

"誰でも気軽に即ARを楽しめる"という点を重視して設計された、新しいスタイルの洋服です。

今回ADDLUXから発表されたのは、

・Tシャツ

・ポンチョ

で、どちらもジャガーの柄が配されており、服に表示されているQRコードをiPhoneで撮影すると、服のデザインに因んで体長1mほどのARジャガーが目の前に現れます。

早ければ2〜3秒でARを楽しめるというスピード感も魅力です。

今後も、様々なアイテムで様々な動物のバリエーションが展開される予定です。

AR産業の市場予測

現在、アパレル産業は縮小傾向にあり、ARを導入することによって新しい需要を掘り起こすことを狙いとしています。

2018年にVR/ARやモバイルを中心に投資を行う投資機関「Digi-Capital」から発表された、「ARに焦点を当てたAR/VR産業の市場予測」によると、

AR産業は5年以内に850億ドル~900億ドル(約9.3兆億円から約9.9兆円)の収益に達する可能性があり、10億ドル〜15億ドル(約1.1兆円〜約1.2兆円)となるVR産業を大きく上回る

引用元:ADDLUXプレスリリース

と予想されています。





AR技術が服をアップデートし環境配慮にも貢献

洋服は1度買ってしまうと、それ以上の楽しみ方が出来ないものでした。

新しく楽しもうとするとその都度買い替えが必要で、特に近年、衣類の年間消費量が年々増えていて、20年前に比べ2倍の洋服が廃棄されているとも言われており、環境に良くないという問題もあります。

しかし、洋服を“ハード”としARを“ソフト”と考えると、買い替えをしなくともARのアップデートにより同じ服を何度も楽しむことができます。

ARを取り入れた洋服は、

・次世代的な楽しみ方

・環境配慮

の両方を実現しているといえます。

まとめ

衣類の年間消費量は増え、20年前と比べ2倍の洋服が廃棄されているという現実。

生活が豊かになり、洋服が身を守るものから楽しむものに変化したこと、また最新の流行を採り入れながら低価格に抑えた洋服を、短いサイクルで生産・販売するファストファッションの誕生で、まだ十分に着られる状態の衣類が大量に破棄されているのが現状です。

地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、未来の世代も美しい地球で平和に豊かに生活し続けていける「持続可能な社会」を目指すことが求められる今、ARを活用した洋服は、環境問題解決のひとつのきっかけとなるでしょう。

ソース:「アプリ不要でARを楽しめる服」に関するプレスリリース[PR Times]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む