VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 体育の授業でARシューティングバトル!クラーク記念国際高等学校で「HoloBreak」を体験

体育の授業でARシューティングバトル!クラーク記念国際高等学校で「HoloBreak」を体験

クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスで2019年12月19日(木)、Graffity株式会社が提供するARシューティングバトル「HoloBreak」を活用した体育の特別授業が実施されました。


HoloBreak 実施経緯

クラーク記念国際高等学 秋葉原ITキャンパスでは、「ゲーム・プログラミング専攻」でゲーム開発エンジン「Unity」を使用したゲーム作りに取り組んでおり、ゲームへの関心が高い生徒が多く在籍しています。

また今年度より「スポーツコース・eスポーツ専攻」が新たに開講されるなど、これまでにないスポーツのあり方を模索しています。

このような背景のもと「HoloBreak」は

・生徒にとって馴染み深い「Unity」で制作されるゲームである

・ゲームと運動を連動して行うことができる

・すでに筑波大学附属高等学校での試験導入実績がある

などから、採用されることとなりました。

今回の授業では「HoloBreak」のβ版が提供され、通常2対2で戦うバトルですが、クラーク高校の特別授業に合わせて新たに可能となった3対3のチームバトルで実施されました。

授業の様子

特別授業は、事前の募集に対して志願した生徒24名を対象に実施されました。

多くの生徒たちはARシューティングバトルを初めて体験したとのことでしたが、操作に迷うこともなく楽しんでいる様子が見られ、1回のプレイで戦略性があることに気づき、チーム内でアイテムの選択や役割分担を行うなど、コミュニケーションが積極的に交わされたようです。

使用した生徒のコメント

リアルでの運動とバーチャルであるARの組み合わせが面白かったです。

運動が苦手な人でも気軽に楽しめると思いました。

今はeスポーツが新しい競技として世界的に盛り上がっていますが、ARスポーツも同じように競技として発展する可能性を感じました。

(ゲーム・プログラミング専攻2年生 丸川さん)

引用元:Holobreakプレスリリース





「HoloBreak」とは

「HoloBreak」は、スマホのカメラ上に再現されたARを活用したシューティングゲームです。

プレイヤーはスマホを片手に、8m×5mのフィールドで動き回りながら、相手チームと戦います。

実際に動き回りながら遊ぶため、従来のスマホゲームとは違って身体を大きく動かすことが特徴で「リアルに汗をかく」体験ができます。

身体も頭も使うARバトルで、

・運動が苦手でも体育授業に親しみを持って参加できる

・戦略性のあるARバトルを通してチームワークの向上が期待できる

という魅力があります。

■ 公式サイトHoloBreak

まとめ

「HoloBreak」が教育機関において活用される事例は今回で2例目となります。

「リアルに汗をかく(=身体を動かす)」eスポーツという特徴が、先進的なカリキュラムを有するクラーク高校秋葉原ITキャンパスの方針に合致し、実施されました。

ARバトルをきっかけに多くの人が気軽にスポーツが楽しめる環境づくりのために、教育機関での実証例が活かされることを期待します。

ソース:ARシューティングバトル「HoloBreak」に関するプレスリリース[PR Times]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む