VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

既存のエアロバイクにセンサー装着だけ!3面シアターや大画面でサイクリングVRが楽しめる「ヘルスケアVR」開発

株式会社クロスデバイスは、フィットネスクラブやリハビリテーション施設・オフィスリラクゼーション・企業集客イベント・アーケードVR施設向けに、3面シアターを使ったヘルスケアVRを開発し、従来のサイクリングVRに追加となる新しいサービスラインとして2020年1月より販売開始することを発表しました。


ヘルスケアVR 開発の背景

ヘッドマウントディスプレイを使用したサイクリングVR分野においては、すでに自治体や企業イベントを中心に導入実績が数多くありますが、

・『既存の設備を使って手軽に導入したい』

・『HMDを使わずにモニターを3面組み合わせた形でできないか』

・『プロジェクションVRのような大画面でサイクリングVRを楽しめないか』

などの要望を受け、従来のサイクリングVRに追加するサービスとして、ヘルスケアVRが開発されました。

ヘルスケアVRについて

ヘルスケアVRは、

・フィットネスクラブ

・リハビリテーション施設

・オフィスリラクゼーション

・企業集客イベント

・アーケードVR施設

向けに開発された、従来のサイクリングVRに追加する形で利用できる新サービスです。

従来のサイクリングVRは、エアロバイクのペダルの回転数を検知した数値を送信するために専用の小型PCをエアロバイクに接続する必要がありましたが、今回開発されたヘルスケアVRでは、フィットネス施設や自転車を活用したロケーションサービス等、既存の設備をそのまま活用した導入が可能です。

既存のエアロバイクや自転車に回転センサーを付けるだけで、HMD1つで簡単にサイクリングVRを楽しむことができます。

ラインナップ

ヘルスケアVRには、

・HMDを使用したタイプ

・3面スクリーンタイプ

・部屋全体をスクリーンに見たててプロジェクションVRで再現するシアタールームタイプ

の3タイプがあり、用途に応じて選択が可能です。

HMDタイプ

システム、エアロバイク、HMDのセット

(参考価格 50万円)

3面スクリーンタイプ

システム、エアロバイク、専用PC、55インチモニタ3台のセット

(参考価格 140万円)

プロジェクションVR シアタールームタイプ

(価格 規模によって変動)





サイクリングVRとは

サイクリングVRは、自転車(エアロバイク)とVRを組み合わせた、360VR映像の体験型システムです。

ペダルを漕ぐスピードに合わせて、360VR映像のスピードも変化するため、あたかも実際に現地を走っているかのような体験が味わえます。

コンテンツ

コンテンツも重要なサイクリングVRですが、クロスデバイス社のサービスでは、質の高い世界中のランドマークのVR空撮で定評のあるロシアAirPano社との連携により、世界中の絶景や名所を楽しむことができます。(※今後、日本国内の空撮映像も展開予定。)

また料金については、AirPano社が所有する高画質VRコンテンツが月額定額制で使用できるようになりました。

CMS上におかれたVRコンテンツはDRM(デジタル著作権管理)で自動管理され、月単位でコンテンツを自動的に切り替えたり、増減させることが可能です。

まとめ

カロリー消費量表示や複数対戦などの充実した機能と、実写ならではの迫力でサイクリングを楽しめるサイクリングVR。

既存の設備をそのまま活用できるヘルスケアVRの登場で、導入ハードルが下がり設置が増えるのではないでしょうか。

各種イベント催事での利用はもちろん、老人ホームや子ども向けの自転車事故防止研修ツールなど、今後も様々な場面で活用されることでしょう。

ソース:「3面シアターを使ったヘルスケアVR」に関するプレスリリース[@Press]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む