VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

パナソニックが世界初HDR対応の眼鏡型VRグラスを開発!CES2020にも参考出展

パナソニック株式会社は、4Kを超える高解像度で、世界で初めてハイダイナミックレンジ(HDR)に対応した眼鏡型VRグラスを開発したことを発表しました。


世界初!HDR対応のVRグラス開発の背景


第5世代移動通信方式(5G)商用サービスの本格化を控え、高性能なVRグラスを利用してのスポーツ観戦や旅行の疑似体験など、新たなサービス展開が期待されています。

高画質・高音質なVRグラスは、没入感の高いバーチャル体験が可能になる一方、本体が大型化し、ヘッドバンドで頭部に固定しなければならないなど、装着感や長時間の使用に課題が生じてしまいます。

今回、パナソニック社は、世界トップクラスのVRグラス向けデバイスメーカーであるKopin社と高性能な表示デバイスを共同開発しました。

さらに、テレビやブルーレイディスクプレーヤーなど映像機器の開発で培ってきた信号処理技術とテクニクスの音響技術、デジタルカメラLUMIXの光学技術を融合させることにより、映像に引きこまれるような臨場感あふれるVRを良好な装着感で快適に体験できる、高画質・高音質かつ小型・軽量・眼鏡型のVRグラスを実現しています。

パナソニック開発のVRグラスの主な特長

①4K超/HDR対応の高画質

・パナソニック社とKopin社が共同開発したマイクロ有機ELパネルを搭載しています

・画素境界が網目のように見える「スクリーンドア効果」の発生を抑え、自然で滑らかな映像を実現しています

②超低音から高音まで広帯域再生に対応する高音質

・磁性流体を用いたテクニクス独自のダイナミック型ドライバーを採用することで振動板の正確なストロークを可能とし、超低歪再生を実現しています

③小型・軽量でヘッドバンドの不要の快適な装着感

・パナソニック社、Kopin社、3M社の3社で新たに共同開発した光学モジュールを採用することで、歪みを抑えた自然な映像を超単焦点で表示することが可能になり、小型・軽量で眼鏡のような形状を実現しています

パナソニック社では、5G商用サービスの本格化に向け、さまざまな用途に応用できるよう開発を進め、新たな顧客価値の創出に取り組んでいくとしています。



「CES2020」にVRグラスを参考出展

今回開発されたVRグラスは、2020年1月7日から10日まで、米ネバダ州ラスベガスにて開催されている「CES2020」のパナソニックブースにて、参考出展されています。

CES2020 パナソニックブース概要

期間:2020年1月7日(火)~10日(金)

場所:Las Vegas Convention Center(LVCC)、Central Hall(#12908)

出展規模:1,486m2

出展内容:「Immersive Experiences」「Smart Mobility」「Intelligent Living Spaces」の3つのエリア二分け、スポーツシーンなどにおける映像・音響の臨場空間、車載・航空機における最新ソリューション、住む人に寄り添った暮らしの提案などを実施

詳細:公式サイト―CES 2020 パナソニックブースの主な出展内容

まとめ

パナソニックの高い技術力により、高画質・高音質でありながら小型でスタイリッシュなデザインのVRグラスが開発されました。

性能を高めれば、HMDが大きくなってしまうのは致し方ないのかと思っていましたが、高性能でこんなにお洒落なVRグラスが存在するのですね。

CES 2020では、参考出展ということで、まだ体験はできないようですが、早く手にとって体験してみたいですね。

ソース:HDR対応の眼鏡型VRグラスに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む