VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR×コニカミノルタ×ドコモ!共同実験で大容量データの1秒以下低遅延配信に成功!

VR×コニカミノルタ×ドコモ!共同実験で大容量データの1秒以下低遅延配信に成功!

株式会社クリーク・アンド・リバー社のVR分野の子会社である株式会社VR Japanは、コニカミノルタジャパン株式会社、および株式会社NTTドコモと共同で、2019年12月に行われた「ドコモ5GオープンラボⓇYotsuya」での5Gを活用した共同実証実験において、360°映像という大容量データを1秒以下の低遅延で配信することに成功したことを発表しました。


5G×低遅延配信×ネットワークカメラで社会課題の解決へ

本実験では、コニカミノルタジャパン社が提供する高機能ネットワークカメラ(MOBOTIX)の360°撮影映像を、VR Japan社が所有する低遅延VRリアルタイム配信システムを用いてほぼ同時にVRゴーグルに配信することに成功しました。

360°映像のリアルタイム配信による双方向コミュニケーションが実現したことで、

医療教育分野での遠隔教育ソリューション

建設現場の安全管理における遠隔監視ソリューション

などの様々な社会課題解決への活用が期待されます。

社会課題解決への活用イメージ

医療業界向け「VR遠隔医療教育ソリューション」

▲本ソリューションの利用イメージ図

少子高齢化社会を迎えている日本の医療現場において、医師不足は喫緊の課題になっています。

また、遠隔地にいる地域医療の最前線の医師が、医療を効率的に学ぶ環境が必要となっており、技術を有する医師の指導を受けられる医療教育体制を整えることが、無医地区や医師不足に悩む地域医療の解決策の一つと考えられます。

実験の技術を活用した遠隔教育ソリューションでは、360°VR映像で視聴する側が自由な視点で見たい場所を見られるほか、ピクチャインピクチャの技術を利用して、手元をクローズアップした映像や超音波診断装置、画像診断ワークステーションなどの映像を画面上に映し出し、視聴者が視点を大きくずらすことなく見ることが可能で、双方向での会話も可能です。

これにより遠隔地の医師は、画像確認や診断行為などの複数の情報で複雑な医療技術を1つの映像で直感的に見ながら、経験のある医師が目の前にいるかのような感覚で技術指導を受けることが期待されています。

建設業界向け「VR遠隔監視ソリューション」

▲本ソリューションの利用イメージ図

建設現場では労働災害を防止するための措置が最も重要であり、建設現場で働く人の安全と健康を確保し、快適な職場の形成が求められています。

さらに、人材不足が深刻化しつつある建設業界では、安全管理の技術を有する人材の確保がますます難しくなると言われています。

この遠隔監視ソリューションは、堅牢、防水、防じん性能を備える高機能ネットワークカメラ(映像解析~検知機能)の360°の撮影映像をほぼリアルタイムにVRゴーグルに配信できるため、遠隔にある監視センターが現場の状況をリアルタイムで確認することや、現場と円滑なコミュニケーションを図ることが可能となります。

これまで、人が巡回しての監視や一方向のカメラによって監視していた現場を、この遠隔監視ソリューションとMOBOTIXの機能(解析、検知、通報)によって監視頻度を高く、より広範囲でより詳細に監視することが可能となり、安全管理に寄与することが期待されています。



5Gを活用した共同実証実験の概要

実験概要

オープンラボの5G環境下でVR Japan社が所有する低遅延VRリアルタイム配信システムを用いて、コニカミノルタジャパン社が提供するMOBOTIXで撮影したVR映像をVRゴーグルに何秒で配信できるかを検証。

配信時間1秒以下で実現できることを実証しています。

実施時期:2019年12月

実施場所:ドコモ5GオープンラボⓇYotsuya

検証内容:大容量データの配信時間の計測

共同実証実験での各社の役割

■株式会社VR Japan

低遅延VRリアルタイム配信システムを提供

VRゴーグルを提供

実験による実用性確認

■コニカミノルタジャパン株式会社

MOBOTIX(高機能ネットワークカメラ)を提供提供

実験用超音波診断装置を提供

■株式会社NTTドコモ

実験検証環境(ドコモ5GオープンラボⓇYotsuya)の整備と提供

ドコモオープンイノベーションクラウド™の利用環境を提供

今後の展望

今後について3社は、5Gとセキュリティを強化するための「ドコモオープンイノベーションクラウド™」を活用した共同実証実験を実施し、更なる発展と実用化を目指していくとしています。

さらに、1月23日(木)~24日(金)、東京ビッグサイトにて開催される「DOCOMO Open House 2020」において本実証事件について展示・紹介を実施します。

今後の実証実験

実施予定:2020年2月

検証内容:「ドコモオープンイノベーションクラウド™」を用い高いセキュリティを確保した上での低遅延配信の実現

「DOCOMO Open House 2020」に出展

実施日時 : 1月23日(木) - 1月24日(金)  9:30~18:00

実施会場 : 東京ビッグサイト(青海展示棟)

展示件数 : 200件以上

参加費用 : 無料(事前登録制)

詳細・事前登録:DOCOMO Open House 2020 公式サイト

まとめ

今年、2020年は「5G元年」ということで、各キャリアとも今春以降のサービス開始を予定しています。

「5G×VR」について一般ユーザーでは、スポーツ観戦やエンタメ系での活用が思い浮かびますが、今回の実証実験での技術を活用することで、働き方や社会問題となっている人材不足等の解決につながりそうですね。

ソース:5G環境下での低遅延配信実証実験に関するプレスリリース[PR TIMES]</a








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む