VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > フェスや狂言鑑賞にショップ体験ができる!VRを活用した展示空間『ABAL:プレゼンテーションタワー』公開

フェスや狂言鑑賞にショップ体験ができる!VRを活用した展示空間『ABAL:プレゼンテーションタワー』公開

株式会社ABALは、独自のVR技術を使った展示空間「ABAL:プレゼンテーションタワー」を、2020年1月23日~24日に東京ビッグサイトで開催される「DOCOMO Open House 2020」にて日本で初めて公開することを発表しました。


「ABAL:プレゼンテーションタワー」とは

「ABAL:プレゼンテーションタワー」とは、VR空間内に構築された6階層からなる展示空間です。

特許技術に基づいた空間圧縮技術を使い、6m×6mの現実空間の中に6階建てのVR空間が創出されています。

バーチャル空間内で、ユーザーは現実空間と同じように自由に歩いて移動し、ユーザー間で体験共有を行うことができます。

国内で次世代通信規格5Gのネットワーク整備が進んでいる現在、5Gの特徴

・超高速

・超低遅延

・多数同時接続

の通信環境が実現することで、VR技術を活用した新感覚のコンテンツやサービス提供ができるようになりました。

特に、

・立体的な空間の表現

・VR空間内におけるコミュニケーション

の飛躍的進歩を考え、ABAL社では独自のVR技術を使った空間表現の取組みが進められています。

「ABAL:プレゼンテーションタワー」展示概要

1階〜6階の各階にフロアーコンセプトが設定されています。

ユーザーはヘッドマウントディスプレイ「Oculus Quest」を装着し、バーチャルなエレベーターに乗って各階を移動しながら、新しいエンターテインメントや教育、店舗販売の形を共有体験することができます。

1F:ロビー

『ABAL:プレゼンテーションタワー』についての説明が行われます。

2F:部品組立トレーニング体験

マニュアルに書かれた手順に従って、空中に浮かぶ映写機を組み立てます。

VR空間内で互いにコミュニケーションをとりながら、協力して手順に従い行動することで、VR技術を活用したトレーニングや教育コンテンツへの活用が想起できます。

5G環境によって、遠隔地にいるコーチによる指導や評価、複数拠点をつないで行う合同トレーニングの実現など、VRトレーニングや教育の可能性が提示されています。

3F:世界3大フェス『Tomorrowland』体験

世界3大フェスと称されるエレクトロニック・ダンス・ミュージックイベント『Tomorrowland』が、360度のドームシアターで再現されています。

空間を彩るCG演出などによって、現実とは違う新しい音楽体験をすることができます。

360度ドームシアターの技術と5G環境との組み合わせによって、大規模人数によるライブストリーミングや遠隔地の別会場とのコミュニケーションの実現の可能性が提示されています。

4F:狂言師 野村万作による『栗焼』上映

人間国宝である狂言師・野村万作氏による演目『栗焼』が、3DCG化されVR空間内で上映されます。

立体的な情報を取得するボリューメトリックビデオで収録された野村氏の実際の狂言が、ユーモア溢れる表情や細やかな所作をあたかも目の前で演じているかのような臨場感で観賞できます。

演劇や音楽ライブ、アトラクション分野におけるVRエンターテインメントの可能性が提示されています。

5F:VR POP-UP Store by ADASTRIA

ブランド『GLOBAL WORK』のVRポップアップストアーです。

ブランドがVR空間を埋め尽くすプロジェクションマッピングで表現されています。

商品が3DCG(ボリューメトリックスキャンによる撮影)で展示され、VR店舗での購入プロセスのイメージを体験することができます。

ポップアップストアーや展示会、OOH広告(屋外広告)などの領域における活用の可能性が提示されています。

6F:EXIT

出口



「DOCOMO Open House 2020」開催概要

名称:DOCOMO Open House 2020

会期:2020年1月23日(木)~24日(金)<メディア内覧会:2020年1月22日(水)>

開催時間:9:30 ~ 18:00

会場東京ビッグサイト 青海展示棟 A・Bホール

入場料:無料(事前登録必要)

イベントサイトDOCOMO Open House 2020

まとめ

いよいよ2020年春からスタートする5Gサービス、商用化に向けた各社の準備は最終段階を迎え、新サービスがぞくぞく公開され始めていますね。

協創によって品揃えを充実させるもの、構築した専用サービスで各自に利活用させるもの、特定の顧客に対してカスタマイズするものなど、さまざまなスタイルが登場している印象です。

「ABAL:プレゼンテーションタワー」では、VR技術を活用した教育・エンターテインメント・芸術・店舗販売などに関する新しい可能性を提案しています。

5Gサービスの開始によって、VR関連の市場は特に伸びると期待されており、間違いなく私たちの生活に大きな変化をもたらすことでしょう。

ソース:「ABAL:プレゼンテーションタワー」に関するプレスリリース[PR Times]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む