VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 5万人が体験したVRお化け屋敷『呪いのVR』最新作がイベント総合EXPOで初披露!

5万人が体験したVRお化け屋敷『呪いのVR』最新作がイベント総合EXPOで初披露!

コンテンツ制作を行うASATEC株式会社は、2020年2月5日(水)から2月7日(金)の3日間に幕張メッセで開催される「第7回 イベント 総合 EXPO」において、VR/AR/VTuberの技術を用いたVRお化け屋敷などのイベント向けサービスを展示することを発表しました。


呪いのVR最新作など注目の3つのコンテンツ!

ASATEC社が、「第7回 イベント 総合 EXPO」に出展するのは、いずれも初公開となる次の3つのコンテンツです。

行列必至のVRお化け屋敷 呪いのVR『人体研究施設~独房からの脱出~』

どこでもドアのような体験ができる『ARドア』

誰でも簡単にVTuberの運用ができるVTuber制作ソフト『VRスタジオLIVE』

VRお化け屋敷 呪いのVR『人体研究施設~独房からの脱出~』とは?


呪いのVR『人体研究施設~独房からの脱出~』は、2017年にリリースされ、3年間で50回以上のイベント実績を持つ呪いのVR『~失われたオルゴールを探せ~』に次ぐシリーズ第2弾です。

新作も前回と同様にライトを持つ役と探す役の2つの役に別れ、2人で手を繋いで協力して出口を探す内容となっています。

今作では、新たな仕様として、脱出要素が追加されています。

脱出成功か失敗により2つのエンディングがプレイヤーをさらなる恐怖におとしいれます。

また、VR内にでてくるお化けと同じ顔マスクも制作され、VR内だけでははなく、現実の世界でも襲われるという2段構えの恐怖がプレイヤーを襲う最恐VRお化け屋敷となっています。

詳細:VRお化け屋敷『呪いのVR』公式ページ

別世界にワープできる『ARドア』とは?

『ARドア』は、タブレット端末とAR技術を活用したコンテンツです。

現実空間にドアを配置し、そのドアを開けると事前に撮影した360度映像の空間に移動することができます。

『ARドア』は、イベント時の集客としての利用や観光プロモーションの販売促進活動などで利用することができます。

VTuber制作ソフト『VRスタジオLIVE』とは?

『VRスタジオLIVE』は、VTuberを制作できるアプリケーションソフトです。

『VRスタジオLIVE』では、ご当地キャラ等オリジナルキャラクターをVTuberとしてデビューさせ、さらにイベントでの集客として来場者とリアルアイムでコミュニケーションを取ることが可能です。





イベント総合 EXPOでデモ体験!

今回初出展となる3コンテンツは、いずれもデモが実施され、体験が可能です。

会場ブース番号:15-72(イベント機材・用品ゾーン)

第7回 イベント総合 EXPO 開催概要

会期:2020年2月5日(水)~7日(金)10:00~18:00(最終日は17:00終了)

会場:幕張メッセ

主催:リード エグジビション ジャパン株式会社

詳細:イベント 総合 EXPO公式サイト

まとめ

シリーズ第2弾となる『VRお化け屋敷 呪いのVR』は、さらに恐怖が増し、「脱出」要素が加わったことで、お化け屋敷としてのドキドキ感も増したようですね。

個人的に体験してみたいのは『ARドア』。

紹介動画では、ARで出現した異空間を映したタブレット画面を見せていると思うのですが、ドアの手前と向こう側で見える景色がまったく違い、まさに「どこでもドア」のようです。

ソース:VRお化け屋敷『呪いのVR2』に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む