VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > AR環境ではどのフォントが見やすい?フォントワークスと東大が共同研究を実施

AR環境ではどのフォントが見やすい?フォントワークスと東大が共同研究を実施

フォントの開発・販売を手がけるフォントワークス株式会社は東京大学大学院情報工学系研究科 廣瀬・谷川・鳴海研究室と共同で、「AR環境下での文字情報提示手法の研究」を実施したことを発表しました。

実験は文字情報をAR表示する際に、どのような観点からフォントを選ぶことが適切かを検証したもので、2017年10月から開始され2020年3月まで行われる予定となっています。


AR環境での文字情報負荷を検証

近年スマートフォンやタブレット以外にも個人向けウェアラブル端末や車載のヘッドアップディスプレイなどAR環境の多様化が進んでいますが、どのように文字を表示するのがユーザーが認識しやすいのでしょうか。

そこで、今回の実験では、20代〜30代の男女を対象にHoloLensを使って文字情報をAR表示する際に文字情報負荷(人が文章を見つけ、読み、理解する際にかかる負荷)が

・フォントタイプ

・フォントウェイト

・フォントサイズ

・フォントカラー

・文字情報の動き

などからどのように影響を受けるのか検証しています。

まず、AR環境下での文字情報の提示の種類を目的別に

・発見型:メニューや通知など内容よりも見つけてもらうことを目的とするもの

・理解型:メールや記事の本文など内容を理解してもらうことを目的とするもの

と分類し、さらに方法別に

・空間固定:観光情報表示など場所などに紐づいて空間に固定されて提示されるもの

・ユーザー追従メニュー画面、通知などユーザに追従し、常にユーザの視界に提示されるもの

に分類したうえで、AR環境において効果的に文字情報を提示する手法と、各種情報提示の状況において適切と考えられるフォント特性を検証するものです。



AR環境で情報を目立たせたいときはどのフォントが有利?

AR環境での文字情報負荷を検証

画像:フォントワークス公式サイトより

実験は、代表的な日本語フォントであるUD角ゴシックスモールとUD明朝の2種類を使い、ランダムな文字列中から特定の文字を探させ個数を回答させる課題を

「発見型−空間固定」(実験1)

「発見型−ユーザー追従」(実験2)

という2つのシチュエーションで回答させ、失点と回答時間を計測するという形式で行われました。

UD角ゴシック体とUD明朝体

実験1、2で利用されたフォント(フォントワークス公式サイトより)

いずれの実験においてもゴシック体よりも明朝体の方が回答時間と失点ともに判別性が高いことを示す結果が得られました。

以上から、発見型の情報提示においては明朝体を使う方が文字の見分けがつきやすいといえます。

また、追加実験として実験1、2よりも多い

UD角ゴ_ ラージ L / M

UD丸ゴ_ ラージ L / DB

筑紫ゴシック L / D

ニューセザンヌ M

スキップ L / D

UD明朝 L / DB

筑紫オールド明朝 R / D

モード明朝 L / D

筑紫Q明朝 L

ハミング L / D

のフォントを使って発見型情報提示を行い、目立つと感じたフォントを主観で選択するという検証を行いました。

この実験ではUD丸ゴシックが最も高く、筑紫Q明朝が最も低くなるという結果が出ています。

UD丸ゴシックと筑紫Q明朝

UD丸ゴシックと筑紫Q明朝(フォントワークス公式サイトより)

研究チームによると、フォントの濃度(太さ)と文字の目立ちやすさに相関関係が認められる傾向があるとのことです。

そのため、AR空間においては太字のフォントが発見型情報提示に有利と考えられるとしています。

まとめ

文字のフォントはウェブサイトやメディアの個性を決めるものなので、AR環境が進化してくるにつれて様々なフォントの文字で情報がAR表示されることが考えられます。

屋外でARを利用する場合には注意喚起をさせるような情報が多いので、まず情報の存在に気づく必要があります。

また、位置情報に紐付いたAR広告やAR看板が多くなれば文字の見分けが付きやすくなるような表示方法が重要になってくるはずです。

その意味では今回のフォントワークスと東大の実験は、これからのARの普及に大きく貢献しうるものになるのではないでしょうか。

実験はまだ継続中とのことなので、今後さらに有益な発見がされるといいですね。

ソース:東京大学との共同研究報告[フォントワークス公式サイト]








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む