VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ENDROLLとTAITOが協業!店舗などのリアルな場所を舞台とした新たなARゲームの開発を推進

ENDROLLとTAITOが協業!店舗などのリアルな場所を舞台とした新たなARゲームの開発を推進

AR技術を用いたエンターテインメントを企画・開発する株式会社ENDROLLは2020年2月12日(水)、アミューズメント施設「タイトーステーション」の運営や多彩なコンテンツ・サービスを提供している株式会社タイトーと協業し、新たなARゲームの開発に着手すること発表しました。



協業の背景

スマートフォンの台頭によって人々のライフスタイルが多様化し、エンターテインメントにおいても、新しい遊びや場所が求められるようになりました。

世界に目を向けるとVRやARといったテクノロジーの発達が、新しいエンターテインメントの起爆剤として注目を集めており、各地でVRやARを活用したエンターテインメント施設が多く展開されたり、有力企業がLocation Based Entertainment(LBE)産業への出資を行うなど、大きな期待が寄せられています。

このような背景の中で、AR技術を用いたエンターテインメントを企画・開発するENDROLL社と、スペースインベーダーに代表されるビデオゲームなど、数々のエンターテインメントを生み出してきたタイトー社が協業し、いま求められているユーザーのニーズに対応するため、アミューズメント施設(ゲームセンター)を含む店舗などのリアルな場所を舞台とした新たなARゲームの開発が進められることとなりました。

今後の目標

この取り組みによって、ENDROLL社がこれまでに培ってきた商業施設での体験型エンターテインメントのノウハウを最大活用し

・「人と人とを繋いできたアミューズメント施設(ゲームセンター)という場」を新しくアップデートする

・店舗をもつ他の多くのリアルビジネスにも展開する

ことを目指しています。

2020年3月頃よりTAITO STATIONの一部店舗での実証実験を経て、2020年内を目標に新しいエンターテインメントとして本格稼働したいとしています。

株式会社タイトー 執行役員 社長室長の児玉晃一氏は、

タイトーはアーケードゲーム事業を基軸として、飲食やスポーツなど様々な「コト消費」を組み合わせ、プロジェクションマッピングを使ったゲームやスポーツアトラクション、コラボカフェなど、既存のアミューズメント施設の枠を超えたフィジカル・エンターテインメントの展開に力を入れています。

本件取組みも、その一環であり、ENDROLL社と新しいエンターテインメントの創出に取り組んで参ります。

引用元:プレスリリース

とコメントしています。

まとめ

実際の風景にバーチャルの視覚情報を加え、重ねて表示することで、目の前にある世界を仮想的に拡張するAR技術。

リアルとテクノロジーを繋ぐAR技術は、両社が協業目標とする「既存のアミューズメント施設のアップデート」と「実店舗のビジネス展開」が実現できる恰好のツールとなるはずです。

両社の強みが大いに生かされ、新しいエンターテインメントとして開発されるARゲームが本格稼働する日が待ち遠しいですね。

ソース:「株式会社ENDROLLと株式会社タイトー 協業でARゲーム開発」に関するプレスリリース[PR Times]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む