VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace」のHoloLens2対応版がリリース!

製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace」のHoloLens2対応版がリリース!

SB C&S株式会社と株式会社ホロラボは、3D CADやBIMで作成した設計データを自動でAR/MRに変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」のHoloLens 2対応版を2020年3月2日(月)に発売することを発表しました。


mixpace HoloLens2対応版について

「mixpace」は、AR/MR技術を活用した3Dデータの可視化を行いたい法人ユーザー向けサービスです。

2019年2月25日にHoloLens対応版、2019年12月3日にiPad対応版がリリースされ、随時機能のアップデートが行われています。

「3D CADやBIMデータのAR/MR化に必要な変換・管理・表示機能をワンストップで提供する」というmixpaceの特長を、HoloLens2対応版でも引き継いでいます。

HoloLens2対応版のリリースに伴って、3D CAD・BIMデータのAR/MR向け変換処理システムの改善が実施されました。

83社のテストユーザーによって実施された独自の3D CAD・BIMデータからは、合計371件の平均変換時間が3分26秒という結果が出ています。

※HoloLens2対応版の提供開始に伴い、HoloLens対応版のサポートは終了します。

HoloLens2対応版の新機能

HoloLens2対応版では、

・従来デバイスと比較し視野角が大幅に向上し、より大きな表示寸法の可視化が容易に

・直感的な操作UIにより表示した3Dモデルの操作性が向上し、現実空間での位置合わせが容易に

・3D CAD・BIMデータのAR/MR向け変換処理の高速化

などの新機能が搭載されています。





「mixpace」とは

「mixpace」は、誰でも手軽に3D CADやBIMで作成したデータをAR/MR対応デバイスで確認が可能な3Dモデルに変換できる可視化ソリューションです。

主に設計や製造、建設、配置シミュレーション、施工、保守などで3Dデータを活用することが可能です。

これまで手作業で何日もかかっていた、AR/MR向けの変換作業が、最短で1~2分で自動的に完了するため、作業時間の大幅な短縮が期待できます。(※変換に要する時間はデータの内容により変動します)

■ サービスサイトmixpace

2020年3月13日までに申込みした人を対象に「年間ライセンス10%ディスカウントキャンペーン」が期間限定で開催されています。

「mixpace」の特長

・3D CAD、BIMデータをユーザー専用Webページにアップロードするだけで、自動でAR/MR向け3Dデータに変換

・AR/MR開発の専用スキルがない人でも簡単に利用でき、AR/MR化の作業効率が大幅に向上

・クラウドベースのサービスなので、場所や環境を選ばずいつでも利用可能

・変換機能の一部にオートデスク社のAutodesk Forgeを採用しており、複数のメジャーなファイルフォーマットに対応。オートデスク社の3D CAD、BIM各種データ形式のほか、製造・設計用3D

・CADの中間ファイル形式などの主要なファイル形式に対応(一部対象外あり)

・変換されたデータは日本マイクロフトのクラウドプラットホーム「Microsoft Azure」上のセキュアなストレージに保存し、高いセキュリティーを保持

・HoloLens 2 とiPad(一部機種)に対応した2つの専用ビューアーアプリを提供

まとめ

3Dデータを利用する上でのデータ管理・共有だけでなく、特に活用機会が少なさや人材・技術不足という課題を抱え、可視化ソリューションの取組みにまだ着手できていない企業が多い製造業や建設業にとって、CAD/BIMとAR/MR両スキルの習得が不要で誰でも簡単に使用することのできるmixpaceは、課題解決のためのひとつのツールと期待されています。

今回のHoloLens2対応版では、データ変換処理の高速化ほか、より大きな表示寸法の可視化や現実空間での位置合わせが容易になるなどが実現されており、アップデートされた新サービスでさらなる活用が進むことを望みます。

ソース:「mixpaceのHoloLens2対応版発売」に関するプレスリリース[PR Times]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む