VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 高精度なアイトラッキング技術を搭載したHMD「VIVE Pro Eye」が値下げを発表!

高精度なアイトラッキング技術を搭載したHMD「VIVE Pro Eye」が値下げを発表!

HTC NIPPON株式会社は、2020年3月4日(水)よりVIVE Pro Eyeの希望小売価格を従来の186,120円から162,880円へ大幅に値下げすることを発表しました。


「Vive Pro Eye」について

「VIVE Pro Eye」は、眼球の動きや焦点をトラックするアイトラッキング技術が搭載されたヘッドマウントディスプレイです。

アイトラッキング技術を用いて高精度な視覚トラッキングデータを取得することが可能で、

・マーケティングデータ分析

・トレーニングツール

など、様々なビジネスシーンで活用することができます。

・最高の忠実性

・クリアな音声

を実現し、着席環境からマルチユーザー利用の環境に対応するなど、高いレベルを求めるVRユーザーのニーズに応えています。

■ 製品詳細Vive Pro Eye

特長

高精度なアイトラッキングを搭載

両眼の動きを追跡・解析することによって、現実世界と同様の

・インタラクション

・最適なGPU負荷割り当て

・シンプルな入力とナビゲーション

を実現しています。

両眼の動きと瞬きをVR空間のアバターに反映することができるので、

・拡張現実内での会議

・グループチャット

・リモートによるコラボレーション

の際に、表情や非言語による表現が可能になります。

最大100㎡のルームスケール・トラッキング

SteamVR™ Tracking 2.0によって、広範囲をカバーできる今までにない高いトラッキング精度で広々としたVR空間での体験が可能です。

起立位・着座位~100㎡以内のルームスケールでのマルチユーザー環境に対応しています。

高レベルのサウンド&グラフィック

合計解像度2880 x 1600ピクセル(615 PPI)のデュアルOLEDディスプレイによって、

・グラフィック

・文字

・テキスチャ

など細かい描写が、忠実に再現されます。

また、搭載されているJAS(日本オーディオ教会)認定Hi-Resヘッドフォンによって、現実世界の

・音量

・ピッチ

・反響

が今まで以上に再現され、3D空間オーディオによるサウンド没入感を実現しています。

快適性にこだわった設計

着脱しやすく、簡単に調節できるよう、そして長く利用できるよう、細部までこだわった設計がなされています。

ほぼすべての目のタイプに対応しており、メガネのままでも使用可能など、調整可能なレンズで目の疲れを最小限に抑えています。

価格改定・商用保障について

■ 従来の価格:186,120円(税抜)

■ 新価格:162,880円(税抜)

■ 商用保障について:Vive Pro Eyeの価格改定に伴い、従来の「VIVE ENTERPRISE 向けアドバンテージパック」が「VIVE Enterprise商用保証」としてリニューアルされます。

「VIVE Enterprise商用保証」には、2年間の商用利用保証や翌営業日eメール対応、優先対応サービス等が含まれます。



購入方法

VIVEシリーズは、HTC公式オンラインショップ及びVIVE正規取扱販売店で購入できます。

■ HTC公式オンラインショップVIVE 日本

■ VIVE正規取り扱い販売店VIVE 正規取扱販売店一覧

まとめ

ゲームを楽しんだり、VTuber活動に活用できるほか、医療現場での患者の治療やケア、産業分野でのトレーニングやデザインなど、ビジネス領域で利用されることを想定し開発された「Vive Pro Eye」は、導入することで効率化やコスト削減など様々なメリットをもたらします。

今回の値下げによって、さらに導入が進み、幅広く活用されることが期待されます。

ソース:「Vive Pro Eye」に関するプレスリリース[PR Times]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む