VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > FacebookがディスプレイメーカーPlesseyと独占契約締結!ARヘッドセット開発に向けてか?

FacebookがディスプレイメーカーPlesseyと独占契約締結!ARヘッドセット開発に向けてか?

2020/04/05 18:00

テック系メディアRoad to VRの報道によると、Facebookが英国に本社を置くARディスプレイメーカー「Plessey」と独占契約を締結したことが明らかになりました。

この契約によりPlesseyが製作したすべてのARディスプレイをFacebookが購入することになります。


評価の高いPlesseyのディスプレイ技術

評価の高いPlesseyのディスプレイ技術

画像:Plesseyプレスリリースより

Plesseyは自社技術をFacebookにライセンス供与し、英国を拠点とする工場で生産したLEDディスプレイのすべてをFacebookに提供することを確認しました。

Plesseyはプレスリリースで、

「私たちはFacebookと協力して、人々を中心とした次のコンピューティングプラットフォームのビジョンの実現を支援することを決定しました」

というコメントを残しています。

PlesseyのmicroLEDディスプレイは、非常に高密度のRGBピクセルアレイと高性能CMOSバックプレーンを組み合わせたものです。

このLEDディスプレイによって、ARおよびVRヘッドセット用の「非常に高輝度、低電力、高フレームレートの画像ソース」を生成することが可能になります。

マイクロ光学素子を組み込むことによって、既存のAR光学システムの赤、緑、青の光源を単一の自発光ディスプレイに置き換えて簡素化を図ったものです。

スマートグラスの開発で知られるVuzixは、Plesseyのディスプレイを使用してヘッドセットのサイズと重量を減らすことを目指し、2019年に今回のFacebookと同様の契約を締結しました。

このほか、AppleもPlesseyの買収に興味を持っているのではないかと伝えられています。

ARヘッドセットの開発で独走を図るFacebook

ARヘッドセットの開発を進めているFacebookですが、技術的な面を固めるだけではなくそのほかの意図もあるのではないかとされています。

Plesseyから独占的なディスプレイの提供を受けることで、同じくPlesseyの技術に興味を示していたARヘッドセット開発のライバルであるAppleに大きな差をつけることが可能です。

さらに、スピーディーにディスプレイ技術の提供を受けることができるようになるのもおおきなメリットです。

当初、FacebookはPlesseyの技術独占のために買収を目指していた可能性も指摘されていますが、買収になると英国の長く厳しい規制調査を受けることになります。

その点、独占供給契約であれば規制調査を受けることなく、素早く買収したのと同じ効果を得ることが可能です。

このように、FacebookはARヘッドセットの開発をライバルに先んじて進められるようにAR関連事業を展開しています。



まとめ

ARヘッドセット開発に注力しているFacebookですが、また新たな動きがありました。

Plesseyのディスプレイ技術はすでにVuzixがデバイスの軽量化を目指して導入したこともあり、ARヘッドセットの開発に有用であると認められています。

Facebookは去年、英国のAR・コンピュータビジョンのスタートアップ企業Scape Technologiesを買収しており、今回Plesseyの買収に踏み切らなかったのは英国の規制調査の対象になる可能性もあるからのようです。

そのため、今後のFacebookの動きとしては、買収ではなく今回のような独占的な技術提供契約を結ぶということが多くなるかもしれません。

参考:Facebook Signs Exclusivity Deal with AR Display Maker Plessey[Road to VR]

関連記事:ARグラス開発が本格化か?Facebookが英国のARスタートアップ企業を買収との報道








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む