VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 歩行型VRデバイスを使ったゲームチャンネルが開設!出演者の募集も

歩行型VRデバイスを使ったゲームチャンネルが開設!出演者の募集も

イメージ

株式会社匠は、2020年4月17日よりYoutubeで、歩行型VRデバイスである「KATWALK製品」を使ったVRゲーム実況のチャンネルを開設することを発表しました。

同チャンネルの出演者が募集されています。


YoutubeにVRゲーム実況のチャンネルを開設へ

今回Youtubeへのチャンネル開設を発表した株式会社匠は、歩行型VRデバイス「KATWALKシリーズ」を展開している中国・KATVR社の日本総代理店です。

このプロジェクトは、新型コロナウイルスの影響で外出自粛やイベントの中止・臨時休業が相次ぐ中、動画視聴の需要が今後見込まれるために計画されたもので、今の状況を受けての減収者や失業者にも在宅で仕事が出来るように開始されたということです。

撮影にかかる機材や動画編集については、同社から提供されるため、出演者はリスクなしで始めることが可能です。

また日本では現在、同社のみが「KATWALKシリーズ」を使用した動画投稿が可能であるということで、他のゲームチャンネルと競合しない、新しいジャンルでの実況が可能です。

これらの詳細な情報は、公式サイトにて公開されています。

>>特設サイト

>>歩行型VRゲーム-KATWALK-チャンネル

出演者募集開始

この動画プロジェクトの始動に伴い、現在出演者の募集が行われています。

第1期の募集は2020年5月6日(水)まで受け付けられており、応募は専用フォームかDMですることができます。

募集条件は

ゲームが好きである

YouTuberとしての活動に興味がある

自宅から出れずなんとか収入を得たい

やる気のある

自宅で撮影できる環境である

のどれか1つでも当てはまればOKとのことで、報酬はYouTubeによる広告収入がメインとなっています。

募集人数は最大3名までで、撮影ペースは週に1本以上、歩行型VRゲームを中心に撮影していく予定がされています。

選定方法はTV電話などで、最終面談の結果合格した人の自宅にて撮影が行われます。

応募フォーム

公式Twitter

公式Instagram



「KATWALKシリーズ」とは

「KATWALK」は中国のVRデバイスメーカー・KATVR社が開発した歩行型VRデバイスで、歩行検知センサーの精度が高く、歩行を可能にするVRの中で最も注目されている製品です。

HTC Vive

Oculus Rift

PSVR

に対応しています。

同シリーズには少し大きめで商業施設向けの「KATWALKmini」と、家庭用に開発された非常に小さい「KATloco」があります。

両製品の違いは歩行動作を感知するシステムにありますが、ゲーマーの憧れである「ゲームの世界に入りたい!」をより現実に近付けるという点においては共通しています。

イメージ

www.kat-vr.com/より「KATWALKmini」

イメージ

www.kat-vr.com/より「KATloco」

まとめ

中国のVRデバイスメーカー・KATVR社の日本総代理店である株式会社匠が、Youtubeにて歩行型VRデバイス「KATWALKシリーズ」を使ったVRゲームの実況チャンネルを開設しました。

現在は出演者の募集が、応募フォームまたはDMで実施されています。

この企画は昨今の社会情勢による動画需要増加が見込まれるために計画されたもので、外出自粛要請が出されている中、減収などに困っている出演者の支援という狙いもあるとのことです。

動画の視聴者数アップが見込まれる今の社会情勢では、没入性の高いVRゲームの実況はさらに人気を呼びそうですね。

募集条件に当てはまる人はもちろん、歩行型VRデバイスを使ったゲームを体験したい人にとっても、"渡りに船"な感じの企画ではないでしょうか。

ソース:「KATWALK」プレスリリース[dreamnews]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む