VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRで24時間365日施設や店舗が利用可能に!「VRLab Web VR」提供へ

VRで24時間365日施設や店舗が利用可能に!「VRLab Web VR」提供へ

イメージ

株式会社タッグは、VRで実際の展示会やイベントを再現するサービス「VRLab Web VR」を発表しました。


「VRLab Web VR」とは

「VRLab Web VR」は実際の施設をWEB上で再現する体験型Web VRコンテンツで、24時間365日営業が可能なために、観たい時来たい時にいつでも展示会などを体験することができます。

ネット環境さえあれば

アプリレス

ゴーグルレス

の状況でもブラウザを通じて体験することが可能で、「まるで実際に施設や店舗を訪れているかのようなワクワク感や商品との偶然の出会い=発見する愉しみのある臨場感」をユーザーに提供します。

イメージ

このサービスでは2つのプラットフォームから選択して利用することができます。

1つ目は「Photo VR」で、見る人が息をのむような高解像度撮影での実写画面でコンテンツが構築されます。

そして2つ目は「CG VR」で、CGで仮想空間を作り出すことにより、ブランドを大切にした空間サービスが可能です。

また様々な業態での運用が可能で、全ての活用シーンで入場料や物品販売での決済が可能です。

WEB上で収益の計上が可能

このサービスには、大手通信会社と協業開発の、WEB上で収益を計上するシステムが組み込まれており、施設の場合は入館料や一部に有料ゾーンを設定し、決済システムで収益を計上することが可能です。

またショッピングカート機能を追加することによって物品販売もすることができます。

これによって休館・休業で収益が見込めない時期や時間帯でも収益を生み出すことができます。

さらに、コロナ禍収束後の再開時に向けて実施設・店舗へ誘客する様々な仕掛けも、タッグ社独自の特許技術を用いて提供されます。

いつ・どこでも体験が可能

手軽に施設・店舗を疑似体験することで、ユーザーに知ってもらいたい情報や商品を訴求する事ができます。

また施設内を回遊させる仕掛けに更新性のあるゲーム機能を取り入れることも可能で、ゲームの目的達成時には来店特典を取得できるなど、実際の施設・店舗への来館・来店を促すことができます。

定期的に更新することで、再閲覧を促すこともできます。

イメージ



実際に来館・来場したかのような臨場感を提供

美術館や水族館だけでなく、イベントや展示会に実際に来ているかのような体験を、ユーザーにしてもらうことができます。

実写撮影では来場したかの様な臨場感を

CG制作ではイベントの世界観を全面に押し出した理想的な空間表現を

することが可能です。

来場が叶わなかったユーザーへのフォローや、過去の会場の記録としても有効です。

イメージ

また自由に施設内の回遊や、作品鑑賞をすることも可能です。

特に鑑賞が売り物である美術館や博物館・水族館などの場合、高解像度撮影を行うことで、

絵画は作者の筆の運びや絵具の凹凸具合まで

彫刻などの立体作品は「見たい角度で全方向から」見ることが可能に

と、肉眼で見る以上に詳細に作品を鑑賞できる特殊コンテンツが提供できます。

イメージ

「VRLab Web VR」詳細ページ

まとめ

店舗や施設をWEB上に再現するサービス「VRLab Web VR」が発表されました。

このコンテンツによって、イベントや展示会などをユーザーに疑似体験してもらうことが可能になります。

昨今、新型コロナの影響で展示会やイベントの中止、施設の休館・休業が相次いでいますが、せっかくのイベントなどの企画が無駄にならずに多くの人に見てもらうことが可能になりますね。

さらに入館料などの決済をするシステムもあるとのことなので、休館・休業中の収益も気にすることがなくなりそうです。

ソース:「VRLab Web VR」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む