VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRニュースイッキ見!【後編】「ソニーがVRデバイス用のフェイストラッキング技術を開発か」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見!【後編】「ソニーがVRデバイス用のフェイストラッキング技術を開発か」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見_5月17日_後編

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(5/8〜5/14) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-178563/


①建築施工BIMを推進するヘルメット一体型MRデバイス「Trimble XR10」登場

VRニュースイッキ見_建築施工BIMを推進するヘルメット一体型MRデバイス「Trimble XR10」登場

建設現場にヘルメットとHoloLens2が融合した、施工BIMのストレスフリーな運用を実現するMRデバイスが登場しました。

測量・測位ソリューションで知られるニコン・トリンブルが販売する「Trimble XR10」は、「ヘッドトラッキング機能」「ハンドトラッキング機能」により直感的な3Dモデルの運用を行うことができます。

安全な利用環境で作業員が直接3D施工データを運用できるだけでなく、別売のクラウドサービス「Trimble Connect for AR/VR」と併用することで図面との整合性の確認や施工関係者間の合意形成を迅速におこなうことが可能です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-178494/

②VRドライビングシミュレーターと車両開発技術の融合!体感型車両開発ツールの提供へ

VRニュースイッキ見_VRドライビングシミュレーターと車両開発技術の融合!体感型車両開発ツールの提供へ

自動車業界を中心とする技術提供などを手掛けるAZAPAエンジニアリングは、VRドライビングシミュレーター開発のアイロックと業務提携し、新しい車両開発ツールの提供を発表しました。

VRドライビングシミュレーター「T3R」とAZAPAエンジニアリングが有する車両開発の知見を組み合わせることで、実車での実験データを本機で再現・体感することが可能です。

従来の路面状況などの再現だけでなく、開発各社の評価項目や制御方法まで細かくカスタマイズしてシミュレートすることもできます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-178498/

③発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」と施設運営システム「HUG」が連携!

VRニュースイッキ見_発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」と施設運営システム「HUG」が連携!

発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」を提供するジョリーグッドは、障害支援施設に特化した施設運営システム「HUG」を提供するネットアーツとの業務提携を発表しました。

1,000以上の支援施設に導入されており、現在約2万人の利用者のデータを持つHUGと連携することで、より最適なVRによるソーシャルスキルトレーニングコンテンツの開発に期待が寄せられています。

また、今回の業務提携を記念してすでにHUGを導入している施設および、これからHUGを導入する施設向けに、特別価格でemouを導入できるキャンペーンも実施されているとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-178536/



④終活もVRの時代に?「VRエンディングノート」スタートへ!セミナーも開催

VRニュースイッキ見_終活もVRの時代に?「VRエンディングノート」スタートへ!セミナーも開催

2020年5月13日、就活相談、セミナーで知られる「終活水先人ココロノテ」は、VRを使った新しい終活として「VRエンディングノート」を発表しました。

「VRエンディングノート」とは、VR動画を使って残される家族に感謝の気持ちや想いを伝えることができ、文章で書く現状のエンディングノートよりも簡単に心に残るものを残すことができます。

また、「終活水先人ココロノテ」は5月30日に福島県白河市にて「VRエンディングノート」のセミナーを開催することも発表しています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-178509/

⑤VRアバターにも表情がつく?ソニーがVRデバイス用のフェイストラッキング技術を開発か

VRニュースイッキ見_VRアバターにも表情がつく?ソニーがVRデバイス用のフェイストラッキング技術を開発か

ソニーが、最近米国で公開された特許情報からVRフェイストラッキングの技術開発に取り組んでいると報じられました。

この技術は、カメラを使ってユーザーの口と顔の表情をリアルタイムでキャプチャすることによってユーザーの表情をVRのアバターに反映することができるというものです。

これからのVRコンテンツを牽引するマルチプレイVR、ソーシャルVRに欠かせない技術であるフェイストラッキングの開発にソニーが関心を持っていることが明らかとなり注目を集めています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-178324/

まとめ

今週後半は様々な分野でXRを活用したソリューションが登場しました。

それぞれの分野でVRソリューション開発に定評ある開発者と既存の事業者がコラボする例が増えているようです。

また、これまで馴染みのなかった分野でもVRが使われる例が増えてきていて、これまで以上にVRの普及を感じます。

今後も様々な分野でVRの活躍する場面を見ることになりそうですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む