VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 5回目のバーチャルマーケットが12月に開催へ!出展企業も受付開始

5回目のバーチャルマーケットが12月に開催へ!出展企業も受付開始

イメージ

株式会社HIKKYは2020年5月14日(木)、VR空間上の物販イベント「バーチャルマーケット5」を、2020年12月19日(土)~翌年1月10日(日)の機関で開催することを発表しました。

すでにティザーサイトが公開され、企業出展申込が開始されています。

一般出展申込も6月9日から開始される予定です。


「バーチャルマーケット5」とは

「バーチャルマーケット」はVR空間上にある会場で、出展者と来場者がアバターなどのさまざまな3Dアイテムや、洋服やPCなどのリアル商品を売り買いできる物販イベントです。

VR空間上で乗り物に乗ったり映像を見たりもできるだけでなく、来場者間でコミュニケーションを楽しむことも可能です。

VRデバイスだけでなくPCからも誰でも気軽に参加することができ、開催期間中は24時間運営されていることから、日本国内だけでなく世界中から来場者が集まってきます。

第5回目となる今回はイベント名が英字表記「VIRTUAL MARKET5」に変更されており、2020年12月19日(土)~2021年1月10日(日)の23日間に開催される予定です。

イメージ

今回の発表と同時にティザーサイトが公開されており、出展企業も申込が開始されています。

また一般(サークルなど)の出展申込も今年6月9日(火)から開始される予定です。

>>バーチャルマーケット5ティザーサイト



過去最大の盛り上がりで閉幕したバーチャルマーケット4

今年4月29日から5月10日まで、4回目の開催となる「バーチャルマーケット4」が開催されました。

過去最大の盛り上がりを見せた「バーチャルマーケット4」では、さまざまな出展企業による“初”の試みが目白押しのイベントになっています。

例えば、自動車業界からは初出展となるアウディ ジャパン株式会社では、日本未発売の電気自動車「e-tron」の試乗体験ブースを展開しており、ファッション業界から出展の株式会社三越伊勢丹ホールディングスでは、販売員が自宅からバーチャルで接客を行っていました。

また今回3度目の出展となる株式会社セブン&アイ・ホールディングスでは、東京に実在する店舗を忠実に再現しており、株式会社スクウェア・エニックスの人気ゲーム「ニーア オートマタ」のキャラクターの3Dアバターなどを店内で販売しています。

パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社は展望台を設置しており、会場内の盛り上がりエリアを確認できる自社の技術

在籍検知技術

シースルーデバイス

で注目を集めています。

その他にもウルトラマンのオフィシャルショップ「ウルトラマンワールドM78」(ベネリック株式会社)や、ガンダム(株式会社 日本HP)も登場し、計43の企業と1400のサークルがブースを構えるという、過去最大の規模になりました。

イメージ

まとめ

5回目の開催となる「バーチャルマーケット5」の開催が決定されました。

次回は今年12月19日~翌年1月10日に開催が予定されています。

バーチャルマーケットと言えば、VR空間上で3Dアバターなどを売り買いできる物販イベントで、4回目となる前回では過去最大の盛り上がりになっています。

前回が12日間の開催に対し、次回はなんと23日間も開催になるとは、どれほど注目されているかが伺えますね。

規模や来場者も、前回よりもっと大きくなることが予想されます。

企業申し込みは既に受付が始まっており、一般の受付も6月から開始されます。

次のバーチャルマーケットでは、果たしてどんな体験ができるのでしょうか。

ソース:「バーチャルマーケット5」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む