VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRで執刀医の技を体験!国立がん研究センターが「オペクラウドVR」を導入

VRで執刀医の技を体験!国立がん研究センターが「オペクラウドVR」を導入

株式会社ジョリーグッドは、同社開発の手術室常設型VRライブ配信システム「オペクラウドVR」が、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院に導入されたことを発表しました。

これによって、入室人数や治療現場においての課題を解決し、効率的で臨場感の高い「次世代の臨床現場観察」を実現しています。


「オペクラウドVR」とは

イメージ

「オペクラウドVR」はジョリーグッド社が開発した手術室常設型VRライブ配信システムで、熟練医師やベテラン看護師・メディカルエンジニアなど治療現場のスタッフの視野を高精度360度カメラでライブ配信し、同時にデータ蓄積管理も行えるシステムです。

手術室に入ることなくベテラン医師の技を術者目線でVR体験することが可能で、医師や医大生・医療機器開発に関わる研究者の臨床現場観察に活用できます。

4つの導入メリット

「オペクラウドVR」を導入することで、4つのメリットがあります。

1つ目は執刀医の360度視野をそのままライブ配信することで、術者目線でのVR体験ができます。

2つめは見学希望者の受入人数を拡大できることで、「オペクラウドVR」で撮影した映像を、一斉に複数のデバイスに配信することができます。

また360度映像の為、

執刀医の立ち位置と全スタッフの動き

機器の配置や手術中の測定情報

も確認することができます。

イメージ

「オペクラウドVR」公式サイト



国立がん研究センターが導入!リスクも低い臨床現場の見学が可能に

「オペクラウドVR」が今回、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院に導入されました。

東病院の医療機器開発センターは、医療機器開発を目指す企業や研究者向けに臨床現場体験を提供することを目的に運用されており、実際に行われているがん治療手術を、執刀医目線の360度VR体験でリアルタイム配信するサービスを開始しています。

国立がん研究センターはAMEDの「次世代医療機器連携拠点整備等事業」に採択されており、国内外を問わず多くの医療機器開発に関わる人材の見学者が訪れています。

今回の導入で、感染リスクなどがある臨床現場でも複数人での見学が可能になっており、大腸がんなどの内視鏡を使用した手術の場合でも、高精度VRリアルタイム配信によって、執刀医目線の手技や周りの全手術スタッフの動きまで把握することを可能にしています。

イメージ

導入についてのコメント

今回の「オペクラウドVR」導入にあたり、国立がん研究センター東病院 医療機器開発センター 手術機器開発室の竹下修由医師からのコメントが公開されています。

イメージ

臨床現場の課題を解決するための医療機器開発は、医療従事者のアイデアだけでは限界があり、技術を持った企業や研究者の方々が臨床現場を観察し、理解し、その上で医療従事者と連携し創出されることも少なくありません。昨今の世の中の情勢もあり、医療従事者以外の方々が臨床現場に入ることは、安心安全な医療を担保する意味でも難しい状況となっております。今回導入したソリューションは、医療機器開発に関わる人材の育成や、日本発の革新的な医療機器創出に繋がる新たな試みとなります。引き続きVR教材の作成や開発におけるニーズ把握など、コンテンツの充実に努めてまいります。

引用:「オペクラウドVR」プレスリリース

まとめ

国立がん研究センター東病院に今回、手術室常設型VRライブ配信システム「オペクラウドVR」が導入されました。

このシステムは術者などの目線でVR体験をすることが可能で、執刀医の手技・機器やスタッフの配置や動きまでもが鮮明に確認できます。

同センターは国内だけでなく、海外からも医療関係者が視察に訪れるそうで、これからの世界における医療の発展に大いに貢献しそうです。

未来の医療発展には、VRシステムが欠かせないものになるでしょう。

ソース:「オペクラウドVR」プレスリリース[PR TIMES]




VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む