VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 『VIVE Pro Eye』および『VIVE Focus Plus』が一般向けにも販売開始!

『VIVE Pro Eye』および『VIVE Focus Plus』が一般向けにも販売開始!

HTC NIPPON株式会社は、2020年6月5日(金)より、『VIVE Pro Eye』および『VIVE Focus Plus』を一般消費者向にも販売を開始しました。


VIVE Pro Eyeとは?


VIVE Pro Eyeは、プロレベルのサウンドとグラフィックと高精度なアイトラッキングを兼ね備えた、VIVE製品の最上級モデルです。

これまでは法人向けに発販売されていましたが、一般消費者向けにも販売が開始され、『VIVE Pro Eye』のアイトラッキングを楽しめるようになりました。

「まばたき」や「ウィンク」などの表現が可能になり、VR空間でのコミュニケーションにおいて、より感情豊かな表現が可能です。

主な特長

高精度なアイトラッキング

両眼の動きを追跡・解析により、現実世界と同様のインタラクション、最適なGPU負荷割り当て、シンプルな入力とナビゲーションが可能になります。

広範囲のトラッキングが可能

SteamVR™ Tracking 2.0により、最大100㎡のルームスケール・トラッキングが実現。

これまでにないトラッキング精度で広々としたVR空間での体験が生まれます。

次元が違う!映像とサウンド

合計解像度2880 x 1600ピクセル(615 PPI)のデュアルOLEDディスプレイに表示され、プロレベルのスーパーリッチな色再現とコントラストが体験できます。

また音にもこだわり、JAS(日本オーディオ協会)認定Hi-Resヘッドフォンが搭載されており、3D空間オーディオにより真に迫るサウンド没入感を実現しています。

独自のアイトラッキングキャリブレーション機能搭載

IPD(瞳孔間距離)を自動的に検知することが可能で、利用者それぞれの目の中心および瞳孔間距離が正解に設定され、より快適なVR体験が可能となっています。

視線追跡機能でより表情が豊かに

VIVE Pro Eyeのアイトラッキング機能は、両眼の動きを正確に追うことができるため、ソーシャルネットワーク型VRコンテンツの中でも、自分の視線や目の動きをそのままアバターで表現できる「バーチャルキャスト」等をプレイする際の表現力が一段とアップしています。

また、HMDと2個のコントローラーに加え、VIVEトラッカーを7個使うことで10点トラッキングが実現。

これまでにない自由でスムーズな、リアルな動きそのものを表現できるフルトラッキングができます。

詳細:VIVE Pro Eye

VIVE Focus Plusとは?


VIVE Focus Plusは、パソコンに接続することなく単体で利用可能な、スタンドアロン型のVRヘッドマウントディスプレイです。

主な特長

ケーブル不要

接続ケーブルが無いので持ち運びしやすく、動きやすくなっています。

6DoF対応のコントローラー

付属のコントローラーは6DoFに対応しており、より自由なコントローラー操作ができます。

お手入れしやすい設計

肌が当たる部分には合皮素材が使われており、手入れのしやすい設計になっています。

「VIVEPORT Streaming」機能でもっと楽しく

VIVEPORTインフィニティのメンバーシップに加入済みのユーザーは、PC VR向けVIVEPORTコンテンツを利用しているPCからVIVE Focus Plusへ無線で配信する「VIVEPORT Streaming」機能を利用することで、バーチャルキャスト等の対応コンテンツをVIVE Focus Plusで遊ぶことが可能です。

詳細:VIVE Focus Plus

希望小売価格

VIVE Pro Eye:¥162,880(税抜)

VIVE Focus Plus:¥89,750(税抜)



VIVEPORT Streamingについて

「VIVEPORT Streaming」は、VIVEPORTインフィニティメンバーに提供されている、VRの実行に適したコンピューターにインストールされているPC VRコンテンツをVIVE Focus Plusにストリーミングできる機能です。

VIVEPORT Streamingの始め方

VIVEPORT Streaming機能を利用するために必要な機材・サービス:

VIVE Focus Plusのヘッドセット

VRに適したコンピューター

Wi-Fiルーター(5GHz帯対応を推奨)

VIVEPORTインフィニティ 月額プラン または 年間プラン への加入

利用手順:

1.最新版のVIVEPORT Desktopアプリをインストール

2.デスクトップ上で起動するVIVEPORT DesktopアプリおよびVIVE Focus Plus内のVIVEPORTに、同一のアカウントでログイン

3.VIVE Focus Plusとコンピューターを同じWi-Fiネットワークに接続

4.VIVE Focus Plusを起動

5.「設定」→「接続の設定」から「PCに接続」オプションをオンにし、近くのコンピューターが検出されたら、接続したいコンピューターを選択

6.「ストリーミングを開始」ボタンを選択

7.ホームから「ライブラリ」を選択し、「マイPC上(BETA)」を選択し、プレイしたいタイトルを選択

VIVEPORT Streamingを実行のために必要なシステム要件

VIVEPORT Streaming機能を利用するためには以下のシステムが必要となります。

また、VIVEPORT Desktopアプリの設定項目から「PCを確認」ボタンをクリックすると、利用中のPCが推奨スペックを満たしているか確認することができます。

詳細:VIVEPORT Streaming(英語サイト)

まとめ

VIVE製品のフラッグシップモデルと言える「VIVE Pro Eye」がいよいよ一般向けに販売が開始されました。

価格はそれなりですが、スペックを考えると想像していたほどお高くなかったです。

なんといっても、VIVE Pro Eye独自のアイトラッキングキャリブレーション機能がすごいですね。

VR空間で「目と目が合う」「視線を感じる」などリアルと同じ体験が実現しますね。

ソース:「VIVE Pro Eye、VIVE Focus Plus」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む