VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > clusterでREALITYで作成したアバターを使用できる連携機能をリリース!

clusterでREALITYで作成したアバターを使用できる連携機能をリリース!

クラスター株式会社は、運営するバーチャルSNS「cluster」上の空間で、株式会社Wright Flyer Live Entertainmentが運営するバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」で作成したアバターを使用できる連携機能をリリースしたことを発表しました。


REALITYのアバターでclusterのワールドに!


「cluster」は、スマートフォンやPC、VRデバイスといった身近にあるデバイスから手軽にVR空間でのイベントに参加したり、ワールドに集まることができるだけでなく、誰でも専用ツールを使ってオリジナルのアバターやCG空間をアップロードすることが可能です。

しかし、CG制作の知識を持たないユーザーがオリジナルアバターを作るのは難しく、カスタマイズしたアバターを持てないユーザーが多数いることにクラスター社は課題を感じていました。

そこで、2020年1月6日にクラスター社とWright Flyer Live Entertainment(WFLE)社によるアバター連携強化のための資本業務提携が実施されました。

「REALITY」で、誰でも簡単に自分だけのアバターを作成した後、今回リリースされたアバター連携機能を利用して、作成したアバターを「cluster」のVR空間に持ち込んで遊ぶことが可能になりました。

さらに、既存の「REALITY」ユーザーも、分身として利用しているアバターのまま「cluster」に空間に入り、音楽ライブやカンファレンスなどのイベントや、友達と遊べる常設ワールドに参加できます。

詳細:REALITY連携について(cluster公式サイト)

REALITYとは?

REALITYは、スマートフォン向けのバーチャルライブ配信アプリ。

簡単な操作で自分だけのオリジナルアバターを作成することが可能で、モーションキャプチャ技術を用いたリアルなライブ配信を行うことができます。

さらに、コメントやギフトを配信者に送る機能もあり、視聴者とコミュニケーションを取ったり、受け取ったギフトを収益化することも可能です。

運営するWFLE社は、「REALITY」で人気VTuberの出演番組を定期的に配信したり、視聴者参加型の番組を配信するなど5GやVR/ARの普及を見据えて最先端のインタラクティブエンターテインメントを提案し続けています。

詳細:REALITY公式サイト



clusterとは?

「cluster」は、VR空間上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる「バーチャルSNS」です。

VRデバイスだけでなく、スマートフォンやPCといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができます。

これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。

クラスター社は、「cluster」を活用して世界初VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や世界初eSports専用バーチャル施設「V-RAGE」、渋谷区公認の「バーチャル渋谷」の制作運営など、VR空間で『集まる』体験を再定義し、全く新しいエンターテイメントと熱狂体験を提供し続けています。

詳細:cluster公式サイト

まとめ

ユーザーにとっては、いつでも自分のオリジナルアバターでVR空間に参加できるのはありがたいですね。

クラスター社とWFLE社は、連携の第二弾として「cluster」のバーチャル音楽ライブに合わせたライブ限定アバターアイテムの開発や「cluster」上のコンテンツを共同制作するなどのサービスの開発を進めているということです。

今後の連携も楽しみですね。

ソース:REALITY連携に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む