VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > Withコロナ時代にARで集客イベント「スマホで夏を体感!AR夏祭り」リリース

Withコロナ時代にARで集客イベント「スマホで夏を体感!AR夏祭り」リリース

ARプロモーションの企画制作を行っている株式会社NPCコーポレーションは、「ARフォトスポット」および「ARスタンプラリー」のサービス提供を開始したことを発表しました。


「あるぞうくん」で広がるARイベント

NPCコーポレーションは、汎用ARアプリ「あるぞうくん」を使った商業施設や自治体でのイベントに活用できる

・ARフォトスポット

・ARスタンプラリー

のサービス提供を開始しました。

Withコロナ時代でも、ARを活用して3密を避けて、集客イベントを開催することが可能となるサービスです。

「あるぞうくん」とは?

「あるぞうくん(AR蔵くん)」は汎用ARアプリです。

あるぞうくん専用のQRコードを読み取り、印刷物等のARマークが付いたマーカーにスマホのカメラをかざすと、指定したコンテンツ〈写真、音声、動画、360度画像など〉を表示することができます。

ARフォトスポットとは?


フォトスポットに専用アプリ「あるぞうくん」をインストールしたスマホをかざすと、ARで絵が動き出したり、キャラクターが飛び出すスポットを設置できます。


マーカーを設置しておくだけなのでスタッフが常駐する必要はありません。

また足元ステッカーでスポットまで誘導するなどの工夫で、三密+接触対策に配慮した新しいイベントを実施することが可能となります。

ARフォトスポットを活用して夏祭りイベントを実施することも可能です。

スマホで夏を体感!AR夏祭り


夏をテーマにしたフォトスポットのデザインパッケージ「AR夏祭りイベント」も提供が開始されました。

専用アプリ「あるぞうくん」をかざすと、ARで打ち上げ花火やお化け屋敷のアニメーションが楽しめます。

花火を写真や動画で撮影することも可能です。

夏祭り気分を味わえる、回遊型イベントとして活用することができます。



台紙のいらないARスタンプラリー


「ARスタンプラリー」では、街中のマーカーを設置したポイントでスマホをかざすだけの台紙のいらない新しいスタンプラリーが楽しめます。

またスマートフォンを通して施設やエリアのPR情報も発信可能です。

アナログのスタンプラリーではスタンプ台付近での人やモノとの接触がありますが、本サービスではスマートフォンをかざす非接触でスタンプを収集できるため接触の機会を減らすことができます。

詳細:あるぞうくんサービスサイト

問合せ:資料請求フォーム

まとめ

ARを活用した『ARスタンプラリー』などは、「人出を取り戻したい」でも、「『密』は避けたい」という商店街や観光地の課題を解決する一助になるかもしれませんね。

「非接触」の仕組みに注目があつまっていますが、今回のサービスはいずれも非接触です。

スマホを使うことから工夫次第では、密集をさけ、分散しながら集客する取り組みができそうですね。

ソース:AR夏祭りに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む