VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 新型コロナ重症患者の切り札となる「人工肺ECMO教育VR」開発!

新型コロナ重症患者の切り札となる「人工肺ECMO教育VR」開発!

株式会社ジョリーグッドは、新型コロナウイルスの重症呼吸不全の治療に使用する人工心肺ECMO(Extracorporeal Membranous Oxygenation)の教育組織日本COVID-19対策ECMOnet(エクモネット)と共同で、ECMOトレーニングVRを開発したことを発表しました。


「人工肺ECMO教育VR」について

「人工肺ECMO教育VR」は、日本COVID-19対策ECMOnetで活動するECMOの専門医らが監修し、「実際の患者への処置」と「シミュレータによる模擬手術」を術者目線で体験学習できるVRコンテンツとなっています。

「人工肺ECMO教育VR」では、緊迫する現場での医師や看護師の動きが360度VR化されています。

需要の高まるECMOについて、医師、看護師および臨床工学技士等に向けて提供し、ECMO治療の有効性、安全性の普及のために開発されました。

開発の背景

新型コロナウイルスの重症患者治療などに使用されるECMOは、現在数千台の増産態勢に入っていますが、医療現場ではECMOを専門的に扱うことのできる医師の数が圧倒的に不足しています。

その背景には、ECMO装置の操作習得の難しさがあります。

国内の医療現場でで使用されるECMO装置は約3〜4種類あるため、ECMOの従事者はそれぞれの機器の特徴やメリット・デメリットを理解し、習熟する事が求められています。

1つの機器を使いこなすために、20例〜40例程度を経験することが必要とされていますが、通常では1つの病院で年に2〜3症例しか経験ができないため、習熟するのに10年以上の長い期間が必要となります。

そのため、機器の増産に伴い、装置の操作習得を含め、早期に技術習熟できる環境の構築が急がれています。

ECMOの習熟に何故VRなのか

ECMO使用した治療では、患者の周りに5〜6名のスタッフが配置され、それぞれ別の動きをし、とても緊迫した状況の中チームワークで治療が実施されます。

また実際には、重症呼吸不全の患者の治療の最中に人工肺のECMOに切り替えを行うため、患者の容態や回路の状態に対する一瞬の判断が人命を左右することになりかねません。

360度視野のVRは、従来の2Dでの視野・視点の限られた講習とは違い、医師目線で治療現場全体の動きを把握することができるため、現場に近い形で研修を行うことができます。

また「人工肺ECMO教育VR」では、専門医が指導するシミュレータ研修や実患者の治療をVRで繰り返し受講することで、ECMO治療の臨床経験値を高めることができます。

▲ECMO。管から充填液で空気を排出するプライミング作業は数分で完了しなくてはならない。

ECMO教育VR化のメリット

貴重な症例を医師目線で何度も体験可能で、早期の習熟が見込める

見学困難な治療現場をVRで臨床体験できる

手元だけではなく、現場にいるスタッフそれぞれの動きを360度把握できる

機器の配置や治療中の測定情報も確認できる

コンテンツ例

実際のECMO治療現場を医師目線でVR体験

▲医療機器の測定データなども映像編集で見やすく表示

シミュレータを使った模擬手術

▲わかりやすく手順を解説

日本COVID-19対策 ECMOnet(ECMOnet)について

「ECMOnet」は、新型コロナウイルス肺炎の重症呼吸不全の治療に使用するECMOを中心とした、重症患者管理の助言と実際の診療支援、および教育を行う対策チームです。

ECMOnetが新型コロナウイルスのECMO管理に積極的に関与した結果、6月16日現在、新型コロナウイルス感染症によりECMOが必要となった患者の78%が、症状軽快によりECMOを離脱したことを発表しています。

CMOnetは、日本集中治療医学会、日本救急医学会、日本呼吸療法医学会の3学会が活動を後援する組織で、日本国内におけるECMO教育関連情報の集約・発信を行っています。

ECMOnet 代表 コメント

かわぐち心臓呼吸器病院 理事長 竹田晋浩 先生

「2009年の新型インフルエンザのパンデミックを経験し、その時の日本のECMOの成績の悪さ(ECMOによる救命率36%)に愕然としたことを、今でも鮮明に覚えています。

そこから約10年、私は質の高い呼吸ECMOの普及とその教育に一心に取り組んできました。

しかし、ECMOの教育は困難を極めます。

それは、実際の呼吸ECMO症例は、通常の病院では2〜3例/年という数しかできないからです。

よってECMOプロジェクトでは、人形を使ったシミュレーション教育を提供し、実際の症例に近い形で教育を行えるよう様々と努力してきました。

その結果が、今の新型コロナウイルス感染症に対するECMOの成績につながっています。

今回、ECMOnetでVRを教育に導入し、その教育をいっそう充実したものにしてゆければと思います。」

引用元:人工肺ECMO教育VRプレスリリース

ECMOnet VR制作プロジェクト リーダー コメント

済生会宇都宮病院 救命救急センター長 小倉崇以 先生

「私がECMOを学んだ英国のケンブリッジ大学ECMOセンターでは年間に80〜100例の呼吸ECMO症例があり、その症例豊富なECMOセンターで修練を積んだECMOの専門家が教育の機会を提供しています。

一方、日本では呼吸ECMO症例のセンター化は行われておらず、医師ひとりが経験できる呼吸ECMO症例には限りがあります。

日本では呼吸ECMOを扱える医師は少なく、今、ECMOnetが第2波に備え、教育のために奔走していますが、コロナ禍では人が密に集まるシミュレーション教育は充分に提供できません。

VR教育は、人が集まることなくe-learningとして自宅で学習でき、かつ実際の臨場感そのものを体験できます。

コロナ禍で、これほど教育効果を期待できるものはないと思います。今後ECMOnetは、このVR教育教材をフル活用し、質の高い呼吸ECMO管理の普及をスピード感をもって進めてゆきたいと思います。」

引用元:人工肺ECMO教育VRプレスリリース




オペクラウドVRとは

オペクラウドVRは、熟練医師だけでなく、第一助手やベテラン看護師、メディカルエンジニアなど治療にかかわる専門スタッフの視野を、常設された高精度な360度カメラで撮影・ライブ配信し、同時にデータ蓄積管理を行う統合システムソリューションです。

このシステムにより「オペクラウドVR」では、ベテラン医師の技を手術室に入ることなく複数の若手医師や医学生らに場所を問わず体験させることが可能となります。

今後は、習熟が難しい医療機器の反復学習ツールとしても活用される予定です。

まとめ

緊急事態宣言も解除され、現在すこし落ち着きをみせていますが、「ECMO」という単語が耳慣れたものになってしまうほど、4月、5月には重症患者さんの数とともに報じられていました。

医療機器とともに扱える専門の医療従事者が少ないことも報じられていましたので、この「人工肺ECMO教育VR」活用されることを期待します。

ソース:人工肺ECMO教育VRに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む