VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > HTCがリモートワーク支援ツールセット「Vive XR Suite」を発表!VRChat等と提携

HTCがリモートワーク支援ツールセット「Vive XR Suite」を発表!VRChat等と提携

2020年6月17日、HTCはエンタープライズ向けにリモートワークや共同作業を支援する複数のVRアプリをまとめたツールセット「Vive XR Suite」を発表しました。

このセットは5つのアプリで構成されており、そのうち4つがVR ChatやENGAGEなど、外部の既存プラットフォームと提携により実現しています。


リモートワーク支援ツールセット「Vive XR Suite」が登場

世界各地が新型コロナウィルスを原因とするロックダウンにある中で、在宅勤務やリモート学習が広く行われるようになっています。

通常のオフィスワークや学校の授業と変わらない感覚で遠隔でコミュニケーションができるツールとしてVRに注目が集まっています。

そこで、HTCはこれら一連の新しい生活様式のさらなるVR化を進めるために、いくつかのVRアプリを「Vive XR Suite」としてひとつにまとめました。

ユーザーは「Vive XR Suite」に1度ログインすることで、パートナーシップによりセットになっている以下のアプリを利用できるようになります。

VIVE SyncM

利用アプリ:VIVE Sync

用途:ミーティング

VIVEキャンパス

提携アプリ:VirBELA

用途:バーチャルオフィス

VIVEセッション

提携アプリ:ENGAGE

用途:講義

VIVEソーシャル

提携アプリ:VRChat

用途:ソーシャル

VIVEミュージアム

提携アプリ:Museum of Other Realities

用途:美術品の展示

このことにより、企業がリモート作業やコラボレーションを簡単に立ち上げて実行できるようになると期待されています。

また、いずれのアプリもVRに焦点を当てていますが、非VRユーザーであってもPCから利用することもでき、一部アプリではスマホからでも利用できるとのことです。

今年第3四半期に一連のアプリケーションをエンタープライズ向けにリリースし、無料バージョンとプレミアムサブスクバージョンを提供する予定となっています。

Vive XR Suiteのプロモーションビデオ



アプリ同士の連携に懸念する声も

 

HTCの「Vive XR Suite」はビジネスにVRを積極的に導入するためのソリューションとして意欲的な取り組みに思えます。

しかし、似たような機能を持つ複数のアプリをひとまとめにするという方針に疑問を抱く声もあるようです。

例えば、バーチャル会議室と美術展のためのスペースの両方を必要とするビジネス、または1つのパッケージの一部として両方の料金を支払いたいビジネスがどれほどあるのでしょうか?

また、1度のログインで5つのアプリを利用できるというメリットはあるものの、アバターやフレンドリスト、ユーザーが作成したコンテンツがアプリ同士で共有されなければ、余計に煩雑な作業が増えてしまう可能性もあります。

とはいうものの、いくつものリモートワーク支援ツールがひとまとめになったことにより、迅速にスタートアップしていきたいビジネスにとって恩恵となる可能性があります。

まとめ

HTCがリモートワーク支援ツールセット「Vive XR Suite」を発表しました。

5つのVRアプリを1度のログインで利用できるようにするもので、企業にとっては事業にVRを簡単に導入できるというメリットがあります。

一方で、セットになっているいくつかの機能は重複していたり、すべての機能を使うようなビジネスが考えにくいという懸念があるようです。

しかし、必ずしもすべてのアプリを使わなければならないわけではありませんし、
機能が一部重複するといっても、例えばバーチャルオフィスアプリを代用してセミナーを開くよりもバーチャル講義用のアプリを使った方が利便性は高いと思います。

その意味では、複数のアプリをひとまとめにするHTCの意図は合理的ではないでしょうか。

サービスの最初期は何かと問題が起こりがちなので、今後ユーザーのフィードバックを得てどのような進化を遂げていくかに注目したいですね。

参考:HTC Announces ‘Vive XR Suite’ a Bundle of VR Apps for Remote Productivity[Road to VR]








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む