VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRニュースイッキ見!【後編】「OculusQuestのハンドトラッキングを利用した手話学習アプリ」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見!【後編】「OculusQuestのハンドトラッキングを利用した手話学習アプリ」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見_6月21日_後編

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(6/12〜6/18) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179837/


①Withコロナ時代にARで集客イベント「スマホで夏を体感!AR夏祭り」リリース

VRニュースイッキ見_Withコロナ時代にARで集客イベント「スマホで夏を体感!AR夏祭り」リリース

NPCコーポレーションは、汎用ARアプリ「あるぞうくん」を使ったARフォトスポット」および「ARスタンプラリー」のサービス提供の開始を発表しました。

今回のARイベントはWithコロナ時代でも、ARを活用して3密を避けて、集客イベントを開催することが可能となるサービスとして行われるものです。

打ち上げ花火やお化け屋敷のアニメーションなどの夏をテーマにしたフォトスポットのデザインパッケージ「AR夏祭りイベント」も提供が開始されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179699/

②PSVRにも対応!EAの新作FPS「Star Wars:スコードロン」10月2日発売へ

VRニュースイッキ見_PSVRにも対応!EAの新作FPS「Star Wars:スコードロン」10月2日発売へ

 

6月16日、セガはエレクトロニック・アーツの「Star Wars」を基にした1人称視点の新作FPS・フライトシミュレーター「Star Wars:スコードロン」が10月2日に発売されることを発表しました。

本作ではパイロットとして"新共和国"と"帝国艦隊"・両陣営のスターファイターを自在に操縦でき、PSVRやOculus、HTCを使えば本当にパイロットシートにいるかのような感覚でプレイできるのが特徴です。

また、詳細情報については、日本時間6月19日(金)8:00から始まる「EA Play Live」にて公開されることになっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179744/

③VRで英会話学習が効率的に!NTTが実証実験を実施!xRビジネスも本格展開へ

VRニュースイッキ見_VRで英会話学習が効率的に!NTTが実証実験を実施!xRビジネスも本格展開へ

6月15日、NTTコミュニケーションズは企業や学校などでのすべての活動を非対面で仮想的に実現するxRビジネスを本格展開することを発表しました。

同社はかねてより企業活動や教育現場でのxR技術の活用を推進しており、xRビジネスの第1弾として京都市の同志社中学校でのVR英語教育の実証実験を行っています。

また、今後は医療や観光業など他分野での教育・研修活動にVR活用を進めるとともに、xR技術を用いて"ウィズコロナ・アフターコロナ"における最適な働き方・まなび方を提供を目指していくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179722/



④新型コロナ重症患者の切り札となる「人工肺ECMO教育VR」開発!

VRニュースイッキ見_新型コロナ重症患者の切り札となる「人工肺ECMO教育VR」開発!

ジョリーグッドは、新型コロナウイルスの重症呼吸不全の治療に使用する人工心肺ECMOの操作習得のためのコンテンツ「人工肺ECMO教育VR」を開発したことを発表しました。

「人工肺ECMO教育VR」はジョリーグッドが日本COVID-19対策ECMOnetと共同で開発したもので、習熟するのに10年以上の長い期間が必要とも言われるECMOの操作を短期間で学ぶことができます。

ECMO教育が困難である要因である症例数の少なさもVRを使うことで実際の症例に近い形で学べるため、医療現場からも大きな期待が寄せられています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179755/

⑤VRで手話を学ぶ!OculusQuestのハンドトラッキングを利用した手話学習アプリが登場

VRニュースイッキ見_VRで手話を学ぶ!OculusQuestのハンドトラッキングを利用した手話学習アプリが登場

OculusQuestのハンドトラッキング機能を活用して、手話のハンドスペリングを学ぶことができるアプリがスイスのベルン応用大学の学生により開発されました。

VR空間上に3Dで表示された指の形をトレースすることで正確な指文字アルファベットを効率的に学ぶことができるアプリとなっており、OculusQuestの非公式ライブラリSide Questで無料公開される予定です。

また、手話を使ってコミュニケーションを行う聴覚障害者のVRユーザーにとっても、より正確な手話表現をVR世界で行うことにつながる技術として期待の声が高まっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179548/

まとめ

今週後半はVRを使った教育コンテンツの話題が中心となりました。

習得が困難な技術についても失敗が許される仮想現実で何度も反復することで効率的に学ぶことができるのが教育VRコンテンツの強みです。

体験を組み込むことにより学習効果も高いとされているため、今後VRが教育で活用される事例が増えていくと思われます。

また、ウィズコロナ・アフターコロナの新しい生活様式が大きく取り上げられていく中、これから教育現場でVR技術が必須のアイテムとして定着していくかもしれませんね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む