VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > WebVRを舞台にしたハッカソン「VTech Challenge 2020」エントリー開始

WebVRを舞台にしたハッカソン「VTech Challenge 2020」エントリー開始

グリー株式会社でVTuber/XRライブエンターテインメントの研究開発を担う 「GREE VR Studio Laboratory」が、ブラウザで利用できるオープンソース・ネットワークVR「Hubs」を舞台に、オンラインハッカソンプログラム「VTech Challenge 2020」を開催することを発表しました。


「VTech Challenge 2020」とは?


「VTech Challenge 2020」は、VTuberやライブエンターテインメントの将来を革新する新たな技術や研究を行う「GREE VR Studio Laboratory」が若手人材発掘のために開催するプロジェクトです。

募集の背景

今回は第2回目の開催となり、Mozillaが開発するブラウザで利用できるネットワークWebVR「Hubs」を舞台に

「Withコロナ時代の社会問題の解決」

をテーマに、完全オンラインの長期ハッカソンプロジェクトが開催されます。

1回目は、2019年に若手人材発掘プロジェクトが開催されています。

募集要項&関連イベント

7月15日(水)からエントリー受付が開始されています。

また、イベント第1弾として7月15日19時からミートアップイベント「VRSionUp!7」がHubs内で開催されました。

募集要項

対象者

WebVRに関心があり最初の一歩を踏み出したい個人及びグループ
(学生・企業に所属する人など制限はなく誰でも参加可能です)

応募資格

・Hubsを使った作品を一般公開可能な人

・日本国内に在住で日本語の応募規約に同意し、日本語でコミュニケーション可能なこと

・チームでの応募の場合は、代表者が明確であること

※学生や職業に限らず、アバター名などによるエントリーもできます

テーマ

Withコロナ時代の社会問題の解決

新たな感染症によって失われてしまった日常生活、仕事、学び、交流…新しく生まれた社会問題を解決する提案や実践的な使い方、アバターやワールド制作などのデザインを募集します。

例えば大学生であれば、授業やゼミ、オープンキャンパス、学園祭、アルバイトなど…ネットワークVRを使うことでできる社会課題の解決をHubs内のモックアップとして自由なフォーマットで制作してください。

引用元:プレスリリース

評価要素

以下を中心に総合的な評価が行われます。

・魅力的なアバター

・ワールド

・カスタマイズや運用事例

など

エントリー方法

特設サイトに掲示されるエントリーフォームより企画概要の提案、応募者情報を送信します。

エントリーフォーム:特設サイト

予選採択者には10月上旬に予定されている公開確認を経て、Hubs内特設ステージからのリンクが設定されます。

最優秀作品賞品

スタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ
Oculus Quest (64GBモデル)

第1弾イベント「VRSionUp!7」開催

イベント第1弾として、7月15日にはミートアップイベント「VRSionUp!7」がHubs内で開催されました。

詳細:VRSionUp!7「Hubs Study」

第2回イベントは、キッズワークショップ2020(森ビル株式会社主催)にて開催(予約制・年齢制限あり)予定となっています。

ワークショップ:WebVRでライブエンタメ番組を研究しよう

詳細:KIDS' WORKSHOP 2020特設サイト



開催スケジュール

エントリー期間

2020年7月15日(水)~2020年9月30日(水)

予選選考

2020年10月上旬に予定されています。

予選結果通知および公開確認が実施され、予選通過者にはエントリー時の連絡先に予選通過の通知が届き、最終発表会ノミネート時の公開情報の確認が行われます。

※落選者には通知はされません。

最終発表会

最優秀作品を決定するイベント(最終発表会)が開催されます。

開催予定:2020年10月23日(金)

2019年度最終発表会の様子

オンラインもくもく会について

「GREE VR Studio Laboratory」により初心者歓迎のオンライン勉強会(もくもく会)等が実施されます。

・Hubsの基本操作やシーンエディターツール『Spoke』の編集操作、シーン制作する上で役に立つ専門スキルを学べるワークショップ

・応募者同士で集まるオンライン勉強会「もくもく会」

などの開催が複数回予定されています。

まとめ

2019年から始まった「VTech Challenge」、今年は完全オンラインハッカソンとして開催されます。

昨年は対象者を学生に限定し、賞にも「GREE VR Studio Lab」でのインターン体験がありましたが、今年はテーマを「Withコロナ時代の社会問題の解決」と設定し、幅広く『ネットワークVRを使うことでできる社会課題の解決』を募集しています。

コロナ禍の今だから生みだされる素晴らしい作品が多く寄せられることを期待します。

ソース:「VTech Challenge 2020」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む