VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > パワハラ防止法に対応!「ハラスメント研修VRパッケージ」レンタルサービス開始

パワハラ防止法に対応!「ハラスメント研修VRパッケージ」レンタルサービス開始

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社(NTTLS)は、2020年6月1日より施行されたパワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)にあわせて、企業が実施するハラスメント研修にVR体験を付加し、研修効果を高める補助教材「ハラスメント研修VRパッケージ」を、8月3日から提供開始することを発表しました。


「ハラスメント研修VRパッケージ」概要

「ハラスメント研修VRパッケージ」は、パワハラだけでなく、職場で起こりうる様々ハラスメントをNTTLS社のノウハウを活用して制作されています。

VRという特性を活かし、よりリアルにハラスメント事例を体感することで、単なる知識の習得にとどまらない高い研修効果をえられる補助教材となっています。

これまでは、一つまたは数例のハラスメント事例をもとにした研修提供が主流でしたが、さまざまなハラスメントが発生する中、ハラスメントの未然防止のためには、多くの事案を理解することが必要となります。

サービス利用期間中は全23種類のハラスメント事例を何度でも視聴することが可能な定額レンタルサービス(サブスクリプション型)として提供されます。

定額レンタルサービスの構成は、研修用VRコンテンツとVR再生システムをパッケージ化したものです。

本VR研修では、VR特有の没入感により、通常の映像では得られないような180度立体映像による臨場感、圧迫感のある当事者視点の疑似被害者体験や、360度全周映像による職場の同僚の視線、表情などの視聴体験を通して、職場環境型ハラスメントが職場へ与える影響を考える効果的な体験研修を実現しています。

さらに、VR一括制御システムをセットにすることで、システム機器類に関する専門知識が無くとも円滑な研修の進行ができる簡単オペレーションを実現しています。

このほか、コンテンツのジャンルや用途に関わらず、要望に沿ったオリジナルVRコンテンツの企画・制作にも対応しています。

このサービスは、ハラスメント研修を企業内の自前研修として行う際の補助教材として利用できるだけでなく、講師や研修会場等も含めたトータルでのVRハラスメント研修として利用することも可能となっています。

VRコンテンツ映像イメージ

身体的攻撃

精神的攻撃

職場で生じやすいハラスメントを23種ラインナップ

VRコンテンツは、職場で起こりやすい『パワハラ』だけでなく、『セクハラ』などの問題場面が再現され、全23種類の様々な場面を再現したコンテンツが用意されています。

どこに問題があるのかを受講者が考え、ディスカッションできるよう

ハラスメントと明確にわかるシーン と、

明確には判断しにくいシーン を 混在させた構成となっています。

※180度立体映像:【当事者視点】立体映像の臨場感、圧迫感のある疑似被害体験を演出

※360度映像:全周映像による職場仲間の視線、表情などの視聴体験を通した職場環境型ハラスメントの理解を促す

パワーハラスメント

・残業への叱責(180度立体映像)

・アルコールの強要(180度立体映像)

・優秀な上司からの圧力(180度立体映像)

・胸ぐらをつかみ叱責(180度立体映像)

・カスタマーハラスメント(180度立体映像)

・部下への強い叱責(360度映像)

・飲み会に参加しないだけで(360度映像)

・遅刻した部下への注意(360度映像)

・子供の発熱で(360度映像)

・有給休暇の取得理由(360度映像)

・会議に参加させない(360度映像)

・ゆとり世代に対して(360度映像)

・上司でも部下でも誰でも加害者になる(360度映像)

セクシャルハラスメント

・LGBTの噂を広める(180度立体映像)

・派遣社員の正社員化(180度立体映像)

・女性を酌婦として(180度立体映像)

・居酒屋で店員さんへ(360度映像)

・何気ない思い出話も (360度映像)

・気を付けているようだが(360度映像)

ケアハラスメント

・介護休暇取得(360度映像)

マタニティハラスメント

・産休・育休の取得(360度映像)

コンプライアンス

・下請法違反(180度立体映像)

・データ偽造(180度立体映像)



パッケージの特徴とサービス仕様

特徴

・4K映像による高品質VRコンテンツ

・受講者によるHMD操作が不要な簡単操作システム

・低価格

・オリジナルコンテンツの制作需要に対応

サービス仕様

基本パッケージ構成

システム構成

VRコンテンツ:合計23コンテンツ

VR一括制御システム:

一括制御アプリケーション、制御用タブレット、Wi-Fiルーター

HMD     :20台

レンタル価格

基本パッケージ   : 30万円/2週間

追加HMD(オプション): 5万円/10台 (同時利用数:最大30台)

※ 定額レンタルサービスの他、VR一括制御システムの販売もされています

オンライン研修の実施も可能

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、集合研修の実施が困難なこともあるため、ご要望により、本サービスで制作致しました動画を利用したオンライン研修の実施も可能です。

まとめ

リリースに掲載された映像イメージだけでも、威圧感が伝わってくるコンテンツとなっているようです。

また、ただ単に被害者の立場を理解するだけでなく、明らかにハラスメントとわかるものだけでなく、受講者が自ら考えて、問題点を見つける内容であったり、職場環境型ハラスメントの理解を促す内容になっている点がNTTLS社のノウハウが活かされているところですね。

ソース:ハラスメント研修VRパッケージに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む