VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 世界から約8万人超が来場!VR上の同人音楽即売会「MusicVket1」

世界から約8万人超が来場!VR上の同人音楽即売会「MusicVket1」

イメージ

株式会社HIKKYは2020年8月24日(月)、今月13日(木)~16日(日)に開催されたVR空間上の同人音楽即売会「MusicVket 1」で、世界中から8万4280人の来場を記録したことを発表しました。


「MusicVket 1」世界中から延べ8万人超が来場

「MusicVket」はVR空間上で開催される同人音楽即売会で、2020年8月13日~16日に初めての開催となる「MusicVket 1」が開催されました。

VRデバイスだけでなくスマホやPCからも参加できることができ、現実のイベントの如く参加者同士で交流しながら会場内を回ったり、出展者の音楽を試聴・購入ことができます。

会場に設置された各ブースは「未来の試聴機」をコンセプトとしており、再生ボタンを押すと音楽が再生されるだけでなく、同時に光や映像を用いて音を視覚化するVRならではの演出を楽しむこともできます。

イメージ

このイベントは、コロナ禍で様々なリアルイベントの中止が相次ぐ中、インディーズ音楽クリエイターの発表の場を絶やしてはいけないという強い思いと、「是非、音楽をテーマにしたバーチャルイベントを開催してほしい」というユーザーの声を元に企画されたもので、

一般出展127サークル

アーティスト・企業出展ブース5会場

が参加したほか、世界中から8万4280人の来場を記録しています。

公式サイト

公式Twitter

スクエニなど有名どころも出展

アーティスト・企業出展ブースには

聖飢魔Ⅱ

スクウェア・エニックス

などの著名なアーティストも楽曲を出展しています。

今年地球デビュー35周年を迎えるバンド「聖飢魔Ⅱ」の出展では、楽曲の試聴・販売の他、デーモン閣下の3D戦闘服アバターの販売も行われています。

イメージ

「聖飢魔Ⅱ」ブース

イメージ

デーモン閣下の3D戦闘服アバター販売

またスクウェア・エニックスからは、同社の人気ゲーム「NieR:Automata」の音楽作品から楽曲3曲の視聴や、メインキャラクターの「2B」「9S」「エミールショップ」のアバター再販が行われました。

イメージ

「NieR:Automata」ブース

イメージ

「NieR:Automata」メインキャラのアバター販売




スクエニからはアイドルグループの出展も

スクウェア・エニックスからは他にも、アイドルグループ「GEMS COMPANY」のブースも登場。

JAM GEM JUMP!!!

形而境界のモノローグ

しゃかりきマイライフ!

の3曲のミュージックビデオが放映され、楽曲やCDの販売が行われています。

イメージ

GEMS COMPANYブース

また「アイマリンプロジェクト・ナギナミプロジェクト」のブースでは

Stand up! Blaze up!

The Boon(視聴のみ)

Dive to Blue

クロスエメラルド

の4曲のの視聴・購入が行われました。

イメージ

アイマリンプロジェクト

イメージ

ナギナミプロジェクト

さらに「TOWER RECORDS LABEL」ブースでは、タワーレコード内のアイドルレーベルに所属する中から、

Negicco

アップアップガールズ(2)

クマリデパート

開歌-かいか-

が、2曲ずつ視聴・購入ができるブースを設置しています。

まとめ

今月13日~16日に、「MusicVket 1」が開催されました。

同イベントはVR空間上で行われる同人音楽即売会で、一般出展127サークル、アーティスト・企業出展ブース5会場が参加したほか、世界中から8万4280人が来場しています。

来場者はアバターとなって交流したり楽曲の視聴・購入をしたりして過ごしており、初めての開催ながらも大盛況のバーチャルイベントになっています。

同時開催の"ComicVket1"も来場者数が10万を超えており、VRイベントは物珍しさに加えて、遠くにいても気軽に参加できることがポイントなのかもしれませんね。

次回の開催も期待されますが、それはもっと大規模なものになるかもしれません。

ソース:「MusicVket 1」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む