VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR空間に東京タワーが11月オープン!「バーチャル東京タワー」プロジェクト始動

VR空間に東京タワーが11月オープン!「バーチャル東京タワー」プロジェクト始動

イメージ

株式会社ウィスコムと株式会社TOKYO TOMER、株式会社これポチの3社を中心とする「バーチャル東京タワー」製作委員会は、東京タワー公認の未来型VRエンターテインメント空間「バーチャル東京タワー」を、2020年11月1日にオープンすることを発表しました。


「バーチャル東京タワー」とは

「バーチャル東京タワー」は、“100年後の東京タワー”をイメージした未来型エンターテインメント空間で、VR空間上に2020年11月1日(日)のオープンが予定されています。

東京タワーは1958年12月23日の開業以来、60年以上に渡りその末広がりの形状や温かみのあるライトアップで、東京のランドマークとして多くの人々に親しまれてきました。

昭和・平成・令和と様々なエンターテインメントを提供してきた東京タワーが、2020年秋、いよいよバーチャルの世界にも出現します。

公式サイト

公式facebook

公式twitter

公式Instagram

アバターで夜景やイベントが楽しめる

ユーザーはアバターとなって、実際の東京タワーと同じようにメインデッキ(高さ150m)やトップデッキ(高さ250m)に昇り、東京の中心から100年後の東京の景色を、360°のパノラマで楽しむことができます。

イメージ

マルチ参加している他ユーザーとコミュニケーションも取れるため、バーチャル東京タワー内で

・デート

・イベント

を楽しむことも可能です。

イメージ

またタワー内のショップやグルメタウンで買い物を楽しむこともでき、そこで買い物した商品は自宅に配送される仕組みになっています。

さらにタワーの麓には野外フェスティバル会場が設けられており、

・音楽LIVE

・ファッションショー

・グルメフェス

などを開催することも可能になっています。

公開された企画イメージによると、内装はまるで空中水族館のようになっており、トップデッキでは不思議な体験ができるなど、異空間のようなバーチャル世界を体験することができます。

イメージ



clusterから入場が可能

「バーチャル東京タワー」にはVRプラットフォームの"cluster"からアクセスが可能で、VRデバイスの他にスマホやPCから参加することができます。

参加にはclusterの無料アカウント作成と、デバイスへのclusterアプリのインストールが必要で、VRデバイスを使用しての利用にはアプリのほか、SteamVRのインストールが必要になります。

イベントへの参加はページにアクセス後、ページ下部の「会場に入る」というボタンをクリックするとイベントに参加できます。

なお、イベントページの詳細は10月下旬公開がを予定されています。

イメージ

まとめ

clusterのVR空間上に、「バーチャル東京タワー」が今年11月に誕生します。

このタワーは"100年後の東京タワー"をイメージしており、ユーザーはアバターとなって展望台からの景色やイベント、さらにはデートまで楽しむことができます。

5Gが日本でも始まってから、つぎつぎに世界中から人が集まれるようなスポットがVR空間上に登場するようになってきました。

今回のバーチャル東京タワーも「東京タワーに行ったことがあるけど、100年後の東京タワーを見てみたい!」といった人たちが、日本全国さらには世界各国から集まってくるでしょう。

誰もが気軽に立ち寄れる「バーチャル東京タワー」で展開される"100年後の"景色と、そこで生まれる新しいコミュニケーションに期待が寄せられます。

ソース:「バーチャル東京タワー」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む