VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 第3回VIVEビジ ネス・デー「VRでプロセス革命!変わり続ける働き方の今」9/18開催

第3回VIVEビジ ネス・デー「VRでプロセス革命!変わり続ける働き方の今」9/18開催

HTC NIPPON株式会社は、9月18日(金)に、法人向けVRカンファレンス「VIVEビジネス・デー 〜VRでプロセス革命!変わり続ける働き方の今〜 」を開催することを発表しました。


第3回のテーマは「プロセス革命」「 NEWノーマル」「働き方改革」


『第3回VIVEビジネス・デー』では、8月5日に開催されたVIVEビジネス・デーに引き続き、XR導入を検討している企業けに、XRを利用した実際の事例やソリューションについて、その活用方法とメリットが紹介されます。

今回のテーマは、「プロセス革命」「 NEWノーマル」「働き方改革」となっており、実際どのように働き方改革が行われているか、どれくらいのNEWノーマルが実現できるか、などが事例を交えて紹介されます。

また、本イベントは、第1回、第2回同様、オフィスや自宅からスマートフォン(動画配信)、PC(3D 空間)、そしてVRデバイス(バーチャル空間)で参加できるVRミーティング・カンファレンスプラットフォーム「VIVE Sync」上で開催されます。

4社の導入事例とVIVEソリューションの紹介

以下の4社から最新導入事例、HTC NIPPON社からは、法人向けHTC VIVE製品およびソリューションが紹介されます。

ラティス・テクノロジー株式会社

株式会社IMAGICA Lab.

株式会社デジタル・ガーデン

福井コンピュータ株式会社

VIVEビジネス・デー開催概要

イベント名:VIVEビジネス・デー ~VRでプロセス革命!変わり続ける働き方の今~

日時:9月18日(金)14:00 ~ 16:00

参加方法

オンライン上のイベントページより事前登録のうえ、参加できます。

イベントページ

イベントハッシュタグ: #VIVEBizDay

最新情報はHTC VIVE JAPANのSNSで配信されます。

VIVE Japan Twitter

VIVE Japan Facebook

参加人数

VRおよびPCによる参加:最大15名

YouTube限定公開:300名

※バーチャル懇親会参加はVRおよびPCによる参加の15名限定となります

タイムテーブル(予定)

13:30 開場

14:00 開会

14:05 HTC法人製品・ソリューションの紹介

14:35 最新SDKの紹介

14:55 VRを用いたビジネス事例紹介(ゲストスピーカー4社)

16:00 バーチャル懇親会(VR・PCによる参加者のみ)

16:40 閉会

※懇親会は録画・動画配信されません。

バーチャル懇親会

メインイベント終了後、16:40までVR・PCによる参加者を対象にバーチャル懇親会が開催されます。

バーチャルカンファレンス会場の中を移動し、参加者同士やVIVEスタッフ、ゲストスピーカーと直接対話することが可能です。



4社によるビジネス事例紹介

ラティス・テクノロジー『XVL VRを活用した新しいものづくりの提案』


ラティス・テクノロジー社は、3D CADのデータを大幅に軽量化する【XVL】という同社の技術をベースとして、3Dを活用した製造ソリューションを提供しています。

超軽量3D【XVL】を利用すると、設計以降の工程においても、簡単に3Dモデルの活用が可能です。

設計検証を3Dモデルで前倒しで実施したり、直感的にわかりやすい3Dドキュメントを生成、メンテンス現場で3Dドキュメントをタブレットで閲覧することができるようになります。

全社で、直感的に理解しやすい3Dデータを展開することが可能になり、ものづくりに革新を起こしました。

その結果、トヨタ自動車社を始めとした多くの製造業で【XVL】が導入されることとなり、3Dビューワーのデファクトスタンダードとなっています。

ウイズコロナの現状においては、【XVL】を活用することで、現物のデジタルツインの再現を可能にすることができ、製造業の『リモート3Dワーク』を促進しています。

詳細:XVLを使った成功事例

XVL VRとは

大容量 3D データを利用したデジタル VR 検証ソリューション。
従来の VR システムでは、大規模 3D データを扱えない、VR 用に 3D モデルを簡略化する作業が必要など、VR を 「製造現場」 で活用するには課題がありました。

XVL VR では、VR 用のデータ準備や加工は必要ありません。既にある XVL データをそのまま、実機完成前にVR 検証に利用できます。

製造業でも在宅勤務が広がり、実機や紙に依存したものづくりからの脱却が求められております。

ウイズコロナ時代、XVL VRを用いた新しいものづくりをご提案します。

引用元:プレスリリース

詳細:公式サイト

IMAGICA Lab.『ヒトの所作のアーカイブとその再生デバイスとしてのVR』


IMAGICA Lab.社は、映像コミュニケーションカンパニーとして、映像の企画・制作~ポスプロ~流通・運用をトータルでコーディネート、フィルム現像などのアナログからCG、ゲームグラフィック、Webなどデジタル領域まで幅広く対応しています。

加速度的に進化し続ける映像コミュニケーションは、テレビに代表されるマスメディアにとどまらず、スマートデバイスの発展を背景とした、Webサイト・SNSなどのユーザー発信型メディアにまで発展・浸透してきています。

IMAGICA Lab.社では、このような社会の流れにも柔軟に対応し、必要とされる企業に最適な映像コミュニケーションを実現するため、経験豊富なトップクリエーターが質の高い「映像制作サービス」を提供しています。

映像制作サービスとしては、企業向け映像、展示大型映像、Web動画、CG映像、VRやモーションキャプチャー、2D・3Dグラフィック、ビジネスを効果的に支援する魅力的なWebサイトの構築など、幅広いニーズに対応しています。

今回の講演では有名アスリートの動きをアーカイブしVRコンテンツに活用した事例が紹介されます。

Motion Archive ®とは

スポーツや伝統芸能などの資料は絵から写真、映像とその時代による最先端技術をもって記録されてきました。そして3DCG技術が発達した現在、その記録を三次元情報として遺すための技術が我々が提案する”Motion Archive® “です。

アスリートや演者の所作をモーションキャプチャで記録、また身体データを3Dスキャンし3DCGを構築。
VRデバイスでプレビューする事で二次元の映像では不可能な細やかな動きを確認、保存する事ができます。

また、三次元データを余す事なく記録することで、将来的にその時代の最新技術に応じた、より高精細な視聴が可能となります。

引用元:プレスリリース

詳細:公式サイト

デジタル・ガーデン VRを使用した新しい教育改革


デジタル・ガーデン社は、インタラクティブコンテンツ制作チーム「DGI INTERACTIVE」を設け、企画の提案から制作まで一貫して対応しています。

要望に沿ったソリューションを、インタラクティブコンテンツなどを通して提供し、受託開発から、自社開発、モックアップ制作など、柔軟に対応しています。

V - structor / Study Kitchenとは

『V-structor』は社員教育用VR コンテンツ開発プラットフォームです。

近年、日本国内に置ける外国人労働者の数は年々増加の一途をたどっており、特に中国、ベトナム、フィリピン、ブラジル、ネパール等、諸外国出身の労働者の受け入れが毎年15%~20%という高い割合で拡大しています。

そのため、労働者をどのように教育していくのかが問題になっています。

特に食品を扱う業界では商品の品質を一定に保つため、調理工程がかなり細かく決められており、また衛生管理に関する手順も厳しく設定されていますが、これらを様々な国籍のスタッフに対して説明したりレクチャーを行うことは現場レベルではかなり困難で、非常に多くの時間とコストが掛かってしまいます。

そこで開発したのがこの『Study Kitchen』という飲食業界向けパッケージです。

様々な言語に対応させることが可能なため、国籍に関係なく一定の調理工程や衛生管理手順を学習することができ、VR で体験することにより実際に現場で使用する調理器具を操作しながら何度も繰り返しトレーニングすることにより、マニュアルなどの他の媒体での研修よりも高い研修効果を発揮します。

また、実際の研修とは異なり、複数の受講者を複数の言語で同時進行的にトレーニングを行うことで、教育に対する時間的コストや人件費を抑えることも可能です。

引用元:プレスリリース

詳細:公式サイト

福井コンピュータ 「NewNormalで加速する建設現場のVR活用」


福井コンピュータグループは、1979年創業の建設業向けCADソフトウェアメーカーです。

経営理念に一貫する「相手の立場に立ちきる」という考え方のもと、「なくてはならないもの」を開発、提供を行っています。

全国30の拠点から、建設業に携わる企業向けに最先端のソリューションを提案すると共に、社会インフラや人々の暮らしの発展的な未来創造に貢献しています。

そのグループ会社である福井コンピュータ株式会社は、測量会社や土木施工会社、官公庁の公共工事を担う機関などに、調査・測量・設計・施工・維持管理といったインフラ工事の各フェーズに応じたCAD関連の開発・販売を行っており、国内での納入実績は約40,000社と、業界トップクラスの実績があります。

ICT技術で生産性向上を図る「i-Construction」が国によって推進され、急速に普及している3Dスキャンやドローンによる計測技術、GPSで建設機械を自動制御する技術などの新技術をソフトウェアでサポートし、業界全体の生産性向上を目指しています。

TREND-CORE(トレンドコア)

i-ConstructionとBIM/CIMの普段使いをサポートするCIMコミュニケーションシステム

「TREND-CORE」は、国土交通省など建設インフラ事業におけるBIM/CIMの実現を目指し、3Dモデルへの情報付与、4D施工ステップによる施工手順の"見える化"、i-ConstructionのICT施工で利用する3次元設計データの作成などが行え、建設・土木施工業務の高度化・効率化をご支援します。

引用元:プレスリリース

TREND-CORE VR

圧倒的な没入感!3次元化による“バーチャルリアリティ”を実現

「TREND-CORE VR」は、TREND-COREで作成・インポートされた3次元モデルや点群データをVRデータとして再現できるため、ヘッドディスプレイを装着することにより、建設現場の現状、計画、過去を問わず、圧倒的な没入感でまるで工事現場に立っているかのようなバーチャルリアリティ体験を実現します。

また、点群データの活用により、人が立ち入ることができない場所への詳細な把握が可能となり、頻発する災害への迅速な対応に貢献できます。

また、昨今はコロナ禍によりリモートでの活動が注目されています。

「TREND-CORE VR」は同じ現場への遠隔複数人の同時参加が可能となっており、この機能を利用することで、VRを活用した施工検討や課題抽出が話題を集めています。

今回は当システムを活用するゼネコンの事例を中心にシステムのご紹介をさせていただきます。


引用元:プレスリリース

詳細:福井コンピュータホールディングス株式会社公式サイト

建築分野におけるVR活用事例:福井コンピュータアーキテクト株式会社公式サイト

まとめ

3回目となるVIVEビジ ネス・デーでは、「プロセス革命」「 NEWノーマル」「働き方改革」をテーマに、VR技術を活用した変革を実行する4社からユニークでWithコロナ時代に必要とされるソリューションを導入事例を交えて紹介されます。

ソース:VIVEビジ ネス・デーに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む