VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > Oculus Rift Sが2021年に販売終了!今後はスタンドアロンに一本化

Oculus Rift Sが2021年に販売終了!今後はスタンドアロンに一本化

FacebookによるVR/ARテクノロジー発表会「Facebook Connect」ではOculus Quest2に関する発表が行われ大いに盛り上がりました。

その一方で、OculusのPC用VRヘッドセットOculus Rift Sが2021年に販売終了することがひっそりと発表されました。


Oculus Rift Sの販売が2021年で終了へ

Oculus Rift Sの販売が2021年で終了へ

Facebook Connectの発表をまとめた、9月16日(現地時間)のOculusブログの記事では当然のようにOculus Quest2に関する情報が中心となっています。

その記事の終盤に

今後はスタンドアロンVRヘッドセットに集中するため、Rift Sの販売は2021年に終了し、PC用ヘッドセットの開発はしない」

と思わず読み飛ばしてしまうくらいサラリとOculus Rift Sの販売終了について触れた記述がありました。

Rift Sの販売終了により、OculusがFacebookの傘下に入る前からブランドを支えてきた、PC接続型のVRヘッドセット「Rift」シリーズがブランドから姿を消すことになります。

代わりに新型モデルQuest2が発表されたスタンドアロンVRに一本化される方針が明らかになりました。



Riftプラットフォームは存続

Riftプラットフォームは存続

とはいえ、Facebook・OculusがPCVRそのものから撤退するというわけではありません。

Oculusブログによれば、QuestとPCを接続してPCVRを利用できる「Oculus Link」によって、PCVRは大きく成長しています。

そのため、今後Quest2とOculus Linkを通じて、「LoneEcho II」や「Medal of Honor:Above and Beyond」などのハイエンドPC VRエクスペリエンスを提供しながら、Riftプラットフォームは引き続き成長していくとのことです。

まとめ

Oculus Rift Sが販売終了することが判明しました。

長らくOculusの主力VRヘッドセットの一角を担ってきた「Rift」シリーズが姿を消すことになります。

PC用VRヘッドセットの存在感の低下はOculus Linkが登場したときに予想された流れであることは事実ですが、実際にRIftがなくなるとなると一抹の寂しさを感じてしまいます。

スタンドアロンに一本化するという方針が明らかになったことで、FacebookによるVR戦略がさらなるVRの普及を目指した軽量化・低価格化のフェーズへと進んだといえるのではないでしょうか。

それだけ、新たに登場するQuest2のクオリティに自信があるということの表れかもしれません。

いずれにせよFacebook(Oculus)の活発な動きからは目が離せませんね。

参考:Oculusブログ








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む