VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 未来の音声ガイドを実現!MR音声ARプラットフォーム「Auris」プロトタイプ提供開始

未来の音声ガイドを実現!MR音声ARプラットフォーム「Auris」プロトタイプ提供開始

イメージ

株式会社GATARIは2020年9月18日(金)、MR音声ARプラットフォーム「Auris(オーリス)」のプロトタイプ版を、一般の文化施設や観光・エンターテイメント施設向けに提供開始しました。

MR技術を活用した音声ARプラットフォームは、今回が世界初となります。


「Auris」とは

「Auris(オーリス)」はGATARI社が開発したiOSアプリケーションで、現実空間にゲームエンジンを適用することにより、現実世界にいながらゲームのようにインタラクティブな音響体験が可能になります。

特定の場所に置かれた音声を、まるでそこに音源があるかのように臨場感のある立体音響で体験することができ、位置測位技術によって、施設や観光地などの屋内外を問わず、設備に一切干渉しない没入音声の体験型展示が実現できます。

イメージ

このアプリケーションのサービス名は、ラテン語で「耳」を意味する言葉に由来しており、「インターネット技術によって人の耳の能力を拡張し、聴覚の持つ新しい可能性を切り開いていく」という意思が込められているということです。

「Auris」公式サイト

導入メリットは4つ

「Auris」の導入メリットとしては、以下の4つが挙げられます。

1つ目は"非接触型の新しい音響体験"で、最近はあらゆる施設に非接触・多言語対応が求められており、こうした施設・観光地のニーズに応えながら、今までにない音響エンターテインメントを付加します。

こうすることで、“未来の音声ガイド”を実現可能にしています。

2つ目は"検索から探索への移行"で、検索を通じた観光・学習では知っていることしか調べることができないというジレンマがあります。

その一方で「Auris」は、移動している最中でも偶発的・受動的に情報が得られるという"探索型"の観光・学習を実現します。

3つ目は"パーソナル性の確保"で、位置測位技術によって得られるユーザーの位置情報から、イヤホンから流れる音声の内容を一人ひとり制御しています。

これによってパーソナル性を確保した、没入感のある体験を可能にします。

そして4つ目は、"導入するのに工事不要"ということです。

スマホに搭載されたさまざまなセンサー類を活用しているため、ユーザーがどこにいるのかを推定するためのビーコン設置といった物理的な施工が必要なく、文化財への導入も可能になっています。

イメージ

正式リリースは年内予定

このアプリケーションの正式版は2020年内のリリースが予定されており、

観光地

博物館

美術館

商業施設

ホテル

アミューズメントパーク

など、さまざまな施設への導入やコンテンツとのコラボを視野に入れた開発が続けられています。



一部機能を使用したサービス事例も

2020年9月18日~22日に開催された、羽田イノベーションシティ(HICity)オープニングイベント「浮世絵 THE WORLD」では、Aurisの一部機能を利用した音声AR体験が提供されています。

このイベントではAurisの一部機能を利用した「HICityARアプリ」が使われており、展示物の解説音声ガイドに利用されています

アプリを立ち上げてスマホのカメラで会場の作品を読み取り、展示物に近づくことで音声による解説が始まるというもので、作品の位置に連動して音声が聴こえるようになっているために、離れると聞こえなくなり、近づくと解説が始まるという、スムーズな音声体験が提供されました。

イメージ

まとめ

MR技術を活用した音声ARプラットフォーム「Auris」プロトタイプ版が、一般の文化施設や観光・エンターテイメント施設向けに提供開始されました。

現実空間の特定のオブジェクトに音声を置き、そこに近づくことでユーザーは情報を得られるというもので、博物館や美術館などでの新しい音声ガイドが期待されます。

また導入にあたって工事は一切不要ということで、文化財などにも導入することが可能です。

最近はARを活用した様々なシステムが登場していますが、その多くが視覚によるもので、音声によるものはまだまだ少ないのが現状です。

MR技術を活用した音声ARプラットフォームは今回が初めての登場となりますが、今後さらに進化したシステムが登場するのでしょうか。

これからの技術の進歩に注目です。

ソース:「Auris」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む