VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRニュースイッキ見!【後編】「スマホと現実空間が互いに影響を与える新技術『IR』が登場!」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見!【後編】「スマホと現実空間が互いに影響を与える新技術『IR』が登場!」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見_9月27日_後編

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(9/18〜9/24) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-184682/


①AR技術と5Gで文化財の新たな鑑賞体験を提案!国宝『聖徳太子絵伝』を自宅でも鑑賞できる

VRニュースイッキ見_AR技術と5Gで文化財の新たな鑑賞体験を提案!国宝『聖徳太子絵伝』を自宅でも鑑賞できる

1面あたり18億画素の高精細画像と5Gの高速大容量通信技術やAR技術を組み合わせ、東京国立博物館所蔵の国宝『聖徳太子絵伝』の魅力の新たな鑑賞体験するコンテンツが登場しました。

同コンテンツは東京国立博物館、文化財活用センターとKDDIが先端技術を活用して文化財をの魅力を引き出す共同研究プロジェクト第1弾として制作されたものです。

この「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」は、東京国立博物館 法隆寺宝物館にて提供されるもので、NrealLightや5Gスマホで体験することができます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-184322/

②未来の音声ガイドを実現!MR音声ARプラットフォーム「Auris」プロトタイプ提供開始

VRニュースイッキ見_未来の音声ガイドを実現!MR音声ARプラットフォーム「Auris」プロトタイプ提供開始

9月18日、株式会社GATARIはMRを使った臨場感のある立体音響で体験型展示を実現する世界初のMR音声ARプラットフォーム「Auris(オーリス)」の提供を開始しました。

Aurisは位置測位技術を使ってパーソナル性を確保しつつ非接触・多言語対応による音響エンターテインメントが実現でき、工事不要で施設等に設置できます。

今回提供されるのはプロトタイプ版で、正式版の提供は2020年内を予定しており、さまざまな施設への導入やコンテンツとのコラボを視野に入れた開発が続けられているとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-184357/

③ゲームワールドを投稿して豪華賞品をGet!「clusterゲームワールド杯2020」開催中

VRニュースイッキ見_ゲームワールドを投稿して豪華賞品をGet!「clusterゲームワールド杯2020」開催中

クラスター株式会社は、クリエイター向けコンテストイベント「clusterゲームワールド杯2020」を9月18日より開催することを発表しました。

本イベントはバーチャルSNS「cluster」のクリエイターコミュニティをさらに加速させるために開催されるもので、個人でも法人でもエントリー可能となっています。

スポンサー企業からの支援を受け、GeForce RTX 3090搭載ゲーミングPCやVIVE Cosmos Elliteなど総額50万円の開発環境が大賞として贈られるほか、参加者に必ず贈られるノベルティグッズなどが用意されているとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-184583/



④フィールド内を自由に移動可能!VRゲーム「サークル オブ セイバーズ」が再登場

VRニュースイッキ見_フィールド内を自由に移動可能!VRゲーム「サークル オブ セイバーズ」が再登場

東京ゲームショウ2016などで発表され、アーケード版が公開された体感型アクションVRゲーム「サークル オブ セイバーズ(CoS)」のリニューアル版が登場することになりました。

株式会社Five forが開発を進めている「サークル オブ セイバーズ:トゥルー カラーズ」はCoSの世界観を踏襲しつつ内容を刷新し、複数の友達とパーティを組む複数同時プレイにも対応しています。

Five for社によればαテスト版を視野に入れており、さらなる開発の進展に期待が持たれています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-184628/

⑤スマホと現実空間が互いに影響を与える新技術「IR」が登場!

VRニュースイッキ見_スマホと現実空間が互いに影響を与える新技術「IR」が登場!

9月17日、アート集団のチームラボは、同社が開発した現実空間とデジタルデバイスが相互に影響を与え合う新しいテクノロジー「IR」の提供を開始したことを明らかにしました。

IRとは実際に肉眼で見ている目の前の現実世界がデバイスを使った人々の行為によって影響を与え合い変化するもので、ディスプレイを通して見た現実世界のみが変化するARとは異なる技術です。

このIR技術は、2020年7月に福岡にオープンしたBOSS E・ZO FUKUOKA内に常設されている新ミュージアム「チームラボフォレスト」で体験することができます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-184251/

まとめ

今週後半はVRのほかにAR/MRといったさまざまなXR技術の話題が登場しました。

注目すべきは新概念となる「IR」です。

現実とバーチャルが相互に影響を与え合う技術となっていて、まさにSFの世界を感じさせます。

これからも従来のXR技術とは違ったテクノロジーが登場して、見たこともない世界をッミせてくれることを期待したいですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む