VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > XRで医療現場を改革!Holoeyesとドコモが医療分野で業務提携

XRで医療現場を改革!Holoeyesとドコモが医療分野で業務提携

イメージ

Holoeyes株式会社と株式会社NTTドコモが2020年9月30日(水)に医療分野における業務提携に合意しました。

この合意では、両社の持つXRソリューションを通じた、これからの医療現場改革の推進が計画されています。


Holoeyesとドコモが医療分野で提携

今回Holoeyesとドコモの間で締結された合意は、両者の提供しているXRソリューションを通じて医療現場の改革を図っていくことを目的としたもので、

・Holoeyesが提供する医療用画像3D空間表示サービス「Holoeyes MD」

・ドコモが販売するウエアラブルタイプのXRデバイス「Magic Leap 1TM」

を、Holoeyes販売パートナーを介して医療機関向けに提供されていきます。

これによって、医師同士・医師と患者・メディカルスタッフ・医学生間のコミュニケーション活性化や医療情報格差、地域医療格差といった課題の解決を目指しており、両社は、今後もXR技術や5G技術などを活用することで、医療業界における課題解決に向けた高度な医療サービスの提供を推進していくとしています。

イメージ

XRで医療現場の改革へ

この合意によって、医療現場では「Holoeyes MD」と「Magic Leap 1」を組み合わせて利用することで、医療従事者が人体のCT・MRI検査などで得られた3Dデータを立体空間で確認し、直感的に理解することが可能になります。

その他にも以下のように、医療機関がより高度な医療サービスを提供できるように、医療業界・医療機関におけるさまざまな課題の解決が目指されています。

・SDGsの目標の一つである「すべての人に健康と福祉を」の達成に貢献するべく、医療業界・医療機関の課題解決につながるICT化の推進。

・「Holoeyes MD」と「Magic Leap 1」を提供することにより、医療従事者のコミュニケーション活性化・医療情報の格差や地域医療格差といった課題の解決。

・Holoeyesの持つXR技術とドコモの持つ情報通信技術を活用し、さらなる医療機関向けのサービス・満足の向上につながるソリューションの開発の推進。

・両社のアセットを活用した新規事業創出の検討。

また今回の合意では、Holoeyesは「Holoeyes MD」の提供のほか、パートナーを介した販売やXRアプリの開発を、ドコモは「Magic Leap 1」のパートナーへの販売・サービス向上を見据えたICT(5Gやドコモオープ ンイノベーションクラウドなど)環境の提供を、担うこととなっています。

医療機関向け購入問い合わせ窓口

この業務提携によって提供される、「Holoeyes MD」と「Magic Leap 1」を組み合わせたソリューションの購入については、Holoeyes販売パートナー(代理店)で受け付けられています。

<北海道エリア>

株式会社モロオ

<東北/北関東/東海/北陸エリア>

青森県・岩手県:共立医科器械株式会社

宮城県・山形県:株式会社シバタインテック

福島県:サンセイ医機株式会社

新潟県:ジェイメディカル株式会社

秋田県/北関東/東海/北陸:メディアスグループ各社

<近畿エリア>

株式会社三笑堂

<中国/四国エリア>

株式会社カワニシ

<九州/沖縄エリア>

アイティーアイ株式会社



【SDGsとは】

SDGsは「持続可能な開発目標」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された"持続可能な開発のための2030アジェンダ"に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

【Holoeyes MDとは】

「Holoeyes MD」は、Holoeyes社が提供する医療用画像処理ソフトウェアで、画像診断装置で得られた画像情報をコンピュータ処理し、診療のために立体表示化して提供します。

【Magic Leap 1とは】

「Magic Leap 1」は、Magic Leap社が開発した軽量ウェアラブルヘッドセットで、ドコモが販売しています。

ARやVRといった従来のXRとは違い、バーチャルな世界をより現実世界に近い感覚で見ることができます。

まとめ

今回、Holoeyesとドコモが医療分野に向けて業務提携しました。

この提携は両社の持つXRソリューションを用いた医療現場の改革を目指しており、まずは「Holoeyes MD」と「Magic Leap 1」を使った医療従事者のコミュニケーションの活性化や地域間の情報格差の解決が進められていきます。

近年、医療分野で活躍しているXR技術ですが、もはや高品質な医療を低価格で提供するには欠かせない存在になりつつあります。

今後の医療技術の進歩にも、期待が寄せられますね。

ソース:Holoeyesとドコモ業務提携についてのプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む