VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 強力なLiDARセンサーを搭載したiPhone12 Proが登場!Snapchatがいち早く対応

強力なLiDARセンサーを搭載したiPhone12 Proが登場!Snapchatがいち早く対応

強力なLiDARセンサーを搭載したiPhone12 Proが登場!Snapchatがいち早く対応

10月13日(現地時間)、Appleはリモートで行われたイベントにおいて4つの新しいiPhone12モデルを発表しました。

セラミックシールドの新しいデザインとなった、5G対応のiPhone12 Proには、よりリアルなAR体験を提供できる最先端のLiDARスキャナーも備えています。


AppleのAR体験を大きく向上させるLiDAR

AppleのAR体験を大きく向上させるLiDAR

LiDARとはAppleがイベントで説明したように、光が物体から反射して戻るまでにかかる時間を測定するものです。

NASAが火星着陸プロジェクトでも活用している技術としても知られています。

Appleによれば

部屋の中をリアルな熱帯雨林に変えるのも、新しいスニーカーを画面上で試着するのも思いのままです。

というほどのレベルで、どこにいても周囲の世界を、正確に素早くマッピングすることが可能です。

この技術を使うことでARショッピングやデザインツール、ARゲームなど、より高度なAR体験ができるようになると期待されています。

さらには、現実世界のオブジェクトや場所の3Dスキャンがより身近で一般的なものにする可能性を持つ技術です。



新iPhoneカメラにはいち早くSnap社が対応

LiDARセンサーにはいち早くSnap社が対応

今回新たにiPhoneに搭載されることになったテクノロジーの可能性を拡大するべく、Snapchatで知られるSnap社は公式のクリエーターツールであるLens Studioの更新バージョンをリリースしました。

アップデート3.2では、Snapchatカメラを使用して、

表面

オブジェクト

環境

の座標を識別できるメッシュスケールを生成し、仮想コンテンツが本当に物理世界の中にあるような表現できるようになります。

公開されたプロモーション映像では、床やテーブル、ソファの上を花や草が埋めつくし、目の前を小鳥が飛び回る様子を見ることができます。

また、小鳥は遠くに行けば小さく近くにくれば大きく見えるようになったり、遠くの花は遠くで咲いているように見えるなど遠近感が正確に表現されているようです。

まとめ

iPhone12 Proにより強力なLiDARセンサーが搭載されたことが明らかになりました。

LiDARというとAR体験のレベルを格段に向上させると言われてきましたが、今回のAppleのイベントで公開されたプロモーション映像でもその一端を見ることができます。

どちらかというと目先の体験に視線が向きがちですが、本当に素晴らしいのは高度な3Dマッピング技術が身近に使えるものになるという点です。

iPhoneのカメラの進化によって高度な映像の撮影・編集が簡単にできるようになったように、3Dマッピングを使いこなして私たちの体験をより豊かなものにしてくれるクリエイターがどんどん出てくるかもしれませんね。

参考:iPhone 12 Pro LiDAR Scanner Allows For More Powerful Snapchat Lenses[VR Scout]








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む