VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ハロウィンの日に悪霊が蘇る!VR音楽ライブ「REVIVE」10/31開催

ハロウィンの日に悪霊が蘇る!VR音楽ライブ「REVIVE」10/31開催

イメージ

VRヘッドセット"HTC VIVE"シリーズ公式アンバサダーのVtuber6名による、一夜限りのVR音楽ライブ「REVIVE(リヴァイブ)」が、ハロウィン本番の2020年10月31日(土)に開催されます。

会場はVRイベントサービス「cluster」内で、入場・視聴料は無料、入場定員が500名までとなっています。


「REVIVE」とは

「REVIVE(リヴァイブ)」は今年のハロウィンである10月31日(土)の開催される、"ハロウィンの夜、悪霊が蘇る"をテーマにしたVR音楽ライブで、VRイベントサービスの「cluster」で行われます。

VRの楽しさと音楽で魅了し、観客たちを悪霊としてREVIVE(復活)させる、バーチャルならではのハロウィンイベントとなっており、20:30開場・21:00から2時間程度実施予定で、入場・視聴料は無料になっています。

VRデバイスやPC・スマホアプリでイベント会場へは入場できるものの、バーチャル会場の定員が500名までとなっています。

主催側によると、満員御礼は確実と思われるため、早めの入場が望ましいとのことです。

なお、本ライブはYoutubeでも配信されます。

ライブ会場はこちら(cluster)

YouTube配信

公式ハッシュタグ:#REVIVEハロウィン

HTC VIVEアンバサダー6名が出演!スタッフもVtuber

本ライブでは、HTC VIVEアンバサダーも務めるVtuber6名が、ハロウィンならではのコスプレをして出演します。

<バ美肉だって歌いたい!「バーチャル美少女ねむ」>

(アーティスト・兼司会進行)

ブーム前から活動している自称「世界最古の個人系VTuber」 2020年1月にはNHK人気番組「ねほりんぱほりん」に出演、お茶の間に「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」の衝撃を届けた。6月にはクラウドファンディングで目標額659%を達成し「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに楽曲「ココロコスプレ」を発表。「歌ってみたコンテスト」は50以上の力作が集まり話題に。朝日・日経・仏紙「リベラシオン」など各種新聞メディアにも進出。2021年にはボイチェン美少女なのに全国ツアー「ALLELOSPHERE」に出演決定。

公式ツイッター

<不幸中の幸いを拾い集める「柚子花(ゆずは)」>

(447Records & L-UP)

「オーディションに受かって3Dモデルのバーチャルアイドルとしてデビューするはずが途中でプロジェクトが潰れて2Dのまま放り出された女」という嬉しくもなんともない肩書を引っ提げて、2019年5月に鮮烈デビュー。右も左もわからない状態から、朗読や歌など持ち前の声質を活かした活動を行い、2020年秋には声優としてゲーム出演を果たす。人呼んでバーチャル界のシンデレラガール。

公式ツイッター

<平安のこじらせ系文学少女「式部めぐり」>

(ASOBINEXT所属)

2020年2月デビューした、エレクトロサウンドと百人一首が好きな紫式部に憧れる「平安のこじらせ系文学少女」音楽活動、ライブ配信活動で活躍中。4月に配信した1st Single「Aqua Loop (feat. TEMPLIME)」はiTunesのエレクトロニック部門でデイリー1位を獲得。7月には、きゃりーぱみゅぱみゅ・CAPSULE・中田ヤスタカ等、有名アーティストが数多く所属する「アソビシステム」に新設された芸能事務所『ASOBINEXT』所属を電撃発表し話題に。いま勢いのある新人音楽系VTuber。

公式ツイッター

<活動拡大中!ご当地バーチャルキャラクター「青森りんこ」>

「青森を元気に!」をテーマに、Twitter・YouTube・HPなどで発信活動を行うご当地バーチャルキャラクター。2019年11月5日「いいりんごの日」にデビューし、活動1周年目前。各種イベントへの出演や、青森の鉄道会社「津軽鉄道」との公式コラボ、NHKをはじめとするメディア出演、ゲーム出演など活動を拡大し、先月ついに初のオリジナルソング「りんりんりんこりん」をリリースした。今回が初のライブイベント参加となる。

公式ツイッター

<漆黒のバーチャルシンガー「音無むおん」>

黒帽子に黒マスク、たくさんのピアスを刺したサブカルスタイルで、どこか異質のバーチャルシンガーとして2018年9月にデビュー。「アナタの心に響く歌を歌いたい」をコンセプトに毎月オリジナル曲をリリース。2020年6月にはInterFMのラジオ番組「VTuber music DJ's #VMDJ」にてラジオデビューを果たし、9月にも同番組で新曲が紹介された。7月には秋葉原エンタスで対バンイベント「#ENTASLIVE」に出演し会場を沸かせた。ライブを中心にリアル・バーチャル両方が盛り上がれる楽曲制作を行い、ライブツアー実現を目指す。

公式ツイッター

<もなふわすい~とる~む!「巻乃もなか」>

(AVATAR2.0所属)

2018年12月デビュー。主にSHOWROOMで活動中。好きなことは、コンビニスイーツに漫画にカメラに天体✩バイクにゲームに盛りだくさん。2019年に幕張メッセで開催されたライブイベント「DIVE XRFESTIVAL」では「AVATAR2.0 1st All Stars」としてAvatar2.0公式 1周年記念楽曲「ハテノハテ」を披露した。「歌うことが好きなのに引っ込み思案でなかなか人前で歌うことがないので、今回のライブイベント! めっちゃ緊張しています! が! 楽しいものにします!」と意気込む。

公式ツイッター

イメージ

またライブを運営するスタッフ4名もVtuberです。

<超絶V企画プロデューサー「バーチャル美少女ねむ」>

(プロデュース・企画進行・広報担当)

<バーチャル音楽界のマルチベアー「バーチャルしろくま」>

(ロゴデザイン・動画制作・ビジュアル担当)

音無むおんのアーティスト活動「6on Projects」を運営する白い熊。「音無むおん」というアイコンを活かした音楽活動を主軸に、アパレルブランド「6on.」を展開している。プロデューサー・デザイナー・モデラー・動画制作・イラストなどバーチャル業界発展のために何でもこなす自称「スーパーくまエイター」 好きな食べ物は白くまアイス。ライブやイベントの依頼受付中。

公式ツイッター

<テクノロジーでカワイイを追求!「ドコカノうさぎ」>

(ライブステージ制作・カメラマン担当)

うさぎ星の姫として人間界でお忍び修行中。みんなとバーチャルを楽しんだり作ったりする活動や配信をしている。VRアプリ制作・3Dモデリング・イラスト・作曲など、VTuberに関わるあらゆる領域で活躍している。鹿と兎のスーパーアイドルユニット「ジビエーズ」の「兎のほう」として、VR音楽ライブやイベントに出演。音楽イベントの企画・運営もこなす。2020年8月にはHTC公式第2期VIVEアンバサダーに就任した。

公式ツイッター

<ライティング演出のマジシャン「沙影(さえい)」>

(ライティングDJシステム制作・ライティングDJ担当)

鹿と兎のスーパーアイドルユニット「ジビエーズ」の「鹿のほう」として、VR音楽ライブやイベントで活躍している。またVRイベントの技術演出家として、鹿の「オノッチ」と共に、Unityをつかったシェーダー・パーティクル・ギミック等の開発を行っている。本イベントでは、自ら制作したライティングDJシステムを使い、ライティングDJとして光の演出でステージを盛り上げる。

公式ツイッター



イベント限定Tシャツプレゼントキャンペーンも実施

本ライブ開催を記念して、Twitterで出演メンバー全員をフォロー&RTすると、限定Tシャツが抽選で当たるプレゼントキャンペーンが10月30日まで実施されています。

また、VRモデル(VRoid形式)で着用できるTシャツデータが、イベント開催までの期間限定で無料配布されます。

このTシャツを着て応援コメントと共に写真を「#REVIVEハロウィン」でシェアすることで、出演アーティストが反応することがあるということです。

イメージ

cluster.muイベントページより

「REVIVE」特製Tシャツページ【VRoid】

まとめ

HTC VIVEアンバサダーを務めるVtuber6名によるVR音楽ライブ「REVIVE」が、10月31日にcluster内で開催されます。

このライブは、"ハロウィンの夜、悪霊が蘇る"をテーマにしており、観客をVRの楽しさと音楽で魅了し、悪霊としてREVIVE(復活)させるという、バーチャルならではの演出がされています。

"バーチャル渋谷"で同時期に開催されるハロウィンイベントもそうですが、今年は5G技術の普及もあって人が集まるイベントはVRでやるのが当たり前な感じになりつつありますね。

本ライブは入場無料の上、会場は定員500名となっているので、参加する人は早めに入場する必要がありそうです。

ソース:VR音楽ライブ「REVIVE」プレスリリース[ValuePress]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む