VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 庭の空間イメージをARでシミュレーション!「メタバガーデン」リリース

庭の空間イメージをARでシミュレーション!「メタバガーデン」リリース

ガーデンライフスタイルメーカーの株式会社タカショーは2020年10月21日(水)、業界初の無料ARアプリ『メタバガーデン』の配信を開始しました。


『メタバガーデン』について

ARアプリ『メタバガーデン』 イメージ

『メタバガーデン』とは、手持ちのスマートフォン・タブレットを使って、外構現場や庭など、その場で空間に見たい商品を指先ひとつで表示することができる無料のARシミュレーションアプリです。

ユーザー自身でもシミュレーションできる簡単な操作で、空間イメージを提案することが可能です。

・「ショールームで見たけど、実際に自宅の外構の雰囲気と合うか分からない」

・「自分の庭に設置できるサイズか分からない」

など、購入の検討段階での不安を解決することができます。

特長

多種多様なアイテムが設置可能

・外構

・庭

・ベランダ

などさまざまなシーンで対応できる、5つのカテゴリーによる多種多様なアイテムが収録されています。

また単品のアイテムだけでなく、設置するだけで新たなガーデン空間が生まれるパッケージプランも用意されており、アプリ上では異なるカテゴリーのアイテムも同時にAR配置が可能です。

メタバガーデン 起動時画面 イメージ

好みのサイズ・カラーが選択でき、配置後もカラー変更可能

好みの

・サイズ

・カラーバリエーション

から選択でき、アプリ上で設置した後もアイテム別にカラーを選択・変更することも可能です。

選んだアイテムの概算金額もアプリ内で確認できるのため、予算に合わせてシミュレーションすることができます。

商品選択時画面 イメージ

さまざまな角度からシミュレーションできる

好きな空間にAR上で設置されたアイテムは、さまざまな角度から確認することができます。

自宅の室内からARアプリで庭空間にアイテム設置し、室内の窓から見たときのアイテムと庭空間を簡単にシミュレーションするなど、ARアプリならではの使い方でより具体的な外構や庭空間をイメージすることができます。

アプリ上にてARを設置した画面を画像で保存

アプリ上にてARを設置した画面をワンタップで画像として保存ができるため、ユーザーへの提案資料として作成したり、家族同士でのイメージ共有などが簡単にできます。

VRビューモード搭載

VR専用ゴーグルなどを利用すると、VRビューモードによってより立体感のある空間を体感できます。

※スマホ用VRゴーグル(スマホのカメラレンズを覆わないもの)が別途必要です。

VRビューモード イメージ




ダウンロード・推奨環境

■ iOSApp Store

iPhone 6s(iOS 9.0)以降の端末 ※ iOS11以降

■ AndroidGoogle Play

ARCore対応端末(Pixel、Galaxy、Xperia、AQUOSなど)

まとめ

AR技術はすでに家具や家電の配置をシミュレーションできるサービスとして浸透しつつあり、サイズ感を知るツールとして大変優れています。

今回の外構や庭の空間イメージがシミュレーションできるARアプリの活用効果も大いに期待できます。

ショールームなどにわざわざ足を運んだり対面することなく利用ができるようなサービスは、コロナ禍において今後も必要不可欠なツールとなるでしょう。

ソース:「ARアプリ『メタバガーデン』」に関するプレスリリース[at Press]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む