VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 東京タワー公認「バーチャル東京タワー」がオープン!応援大使には3名が就任

東京タワー公認「バーチャル東京タワー」がオープン!応援大使には3名が就任

イメージ

2020年9月より先行予約チケットが販売されていた「バーチャル東京タワー」が、11月1日(日)にオープンしました。

スマホやPCを使って自宅に居ながら東京タワーの夜景を簡単に楽しむことができる、“Go To バーチャルトラベル”体験が可能です。

また応援大使には、VTuberを含む3名が就任しています。


「バーチャル東京タワー」がついにオープン

「バーチャル東京タワー」は、“100年後の東京タワー”をイメージした東京タワー公認の未来型VRエンターテインメント空間で、来場者はアバターとなり、本物の東京タワーと同じように

・高さ150mのメインデッキ

・高さ250mのトップデッキ

に昇って、東京の中心から360°のパノラマ夜景を楽しむことができます。

イメージ

マルチ参加している他の来場者とのとコミュニケーションも可能で、タワー内でのバーチャルデートに利用したり、イベントに参加することもできます。

イメージ

タワー内には様々なコンテンツが!無料で入れるエリアも

有料で入れるトップデッキには夜景を眺めながら楽しめる"デジタル水族館"があり、またメインデッキ2Fではパワースポットとして恋愛成就の神社などのコンテンツが、メインデッキ1Fでは東京タワーの100年後の夜景を楽しめます。

イメージ

また無料エリアとなるタワー下の"オープンワールド"では、バーチャル東京タワーを真下から見ることができます。

オープンワールドには

・フットタウン

・フェス会場

もあり、フットタウンではバーチャルショップで買い物を楽しむことも可能です。

買い物した商品は後日自宅に配送される仕組みになっています。

イメージ

さらに、バーチャル東京タワーの麓の野外フェスティバル会場では、音楽LIVEやファッションショー・グルメフェスなどを開催することも可能で、様々な角度からバーチャル東京タワーの観光を楽しむことができます。

イメージ

公式サイト

facebook

twitter

Instagram

オフィシャルショップ



展望台ツアー11/30まで開催

現在バーチャル東京タワーでは11月30日(月)まで、有料の展望台が存分に楽しめる"展望台ツアー"が開催されています。

チケットの価格は税込み800円となっており、購入者はチケット購入月の期間内は何度でも展望台を楽しむことが可能です。

なお、イベントは1ヶ月単位で変わるようになっており、無料エリアのワールドも自由に楽しむことができます。

イメージ

チケット購入ページ(cluster)

応援大使にVTuberを含む3名が就任

またバーチャル東京タワーの応援大使に、

・YouTuber芸人 フワちゃん

・アーティスト 青山テルマさん

・VTuber 富士葵さん

が就任しており、バーチャル東京タワーオープンを記念したお祝いコメントをYoutubeで公開しています。

 

まとめ

今年9月に発表されていた「バーチャル東京タワー」が、ついにオープンしました。

VR空間に建てられた"100年後をイメージした "東京タワーであり、来場者はアバターとなって実際の東京タワーと同じく、有料の展望台に昇ったりイベントや買い物を楽しむことができます。

VRプラットフォーム「cluster」でアクセスできるので、スマホやPCさえあれば自宅に居ながら東京タワーの夜景を楽しむことができます。

コロナ禍で旅行や東京タワーへの観光を控えていた方も、バーチャルデートをしたい方も、この機会に、今までにない新しい観光を提供する“Go To バーチャルトラベル”を体験してみませんか。

ソース:「バーチャル東京タワー」プレスリリース[@Press]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む