VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 4K 360°VRで宿泊施設を再現!第1弾は安藤忠雄建築など3施設を紹介

4K 360°VRで宿泊施設を再現!第1弾は安藤忠雄建築など3施設を紹介

株式会社テー・オー・ダブリュー、株式会社EVERY DAY IS THE DAY、ARCHI HATCH株式会社の3社は、魅力的な観光施設や宿泊施設をオンライン上に再現し、体験、応援できるプロジェクト「DOOR TO THE FUTURE」を発足し、提供を開始することを発表しました。


「DOOR TO THE FUTURE」とは?

「DOOR TO THE FUTURE」は、観光業界を盛り上げるため観光・宿泊施設をオンライン上に再現し、施設の魅力を伝え、リアルな集客を支援するクリエイティブな体験創造に強みを持つ3社の共同プロジェクトです。

体験デザインプロダクションであるテー・オー・ダブリュー社、クリエイティビティによって、企業や事業、ブランド、生活、文化の“成長可能性”を生み出すことをテーマに活動するEVERY DAY IS THE DAY社、世界中の建築家による空間をWeb上で体験できる新たなドキュメンテーション・サービス「ARCHI HATCH」を提供する、ARCHI HATCH社の3社は、新型コロナウイルス感染症の影響により、生活者のデジタル活用が急激に高まっている状況において、新しい旅の楽しみ方として、「いつか行きたい場所を、いまから楽しむウェブメディア」をコンセプトに、本プロジェクトを発足させました。

DOOR TO THE FUTURE サイト

「4K 360°VR体験」で施設の魅力を伝える

「DOOR TO THE FUTURE」のコンテンツとして、テー・オー・ダブリュー社が提供する「TOWオンラインイベントパッケージ」の1つのメニューである「VREE」を活用し、観光施設や宿泊施設内の空間を特殊な4Kカメラで360°撮影し、リアルな空間をオンライン上に再現しています。

「DOOR TO THE FUTURE」 Webサイトから気軽にアクセスでき、VRのようにオンライン空間を360°自由に見渡し、回遊しながら、様々なコンテンツの体験ができます。

リアルな集客を支援し、観光業界を盛り上げる!

観光・宿泊施設のリアルな空間をオンライン上で体験を通して、ユーザーの観光・宿泊モチベーションを喚起し、観光・宿泊施設への送客に繋げることを目的としています。

また、「DOOR TO THE FUTURE」Webサイトは、日本語、英語の2ヶ国語に対応し、訪日外国人旅行客へのサポートも丁寧に行い、未来のインバウンド需要も視野に入れ、日本の観光業界を盛り上げていきます。



【第1弾】松山市、会津若松市、鶴岡市にある3施設

「DOOR TO THE FUTURE」は、第1弾として、株式会社温故知新が運営するOKCSホテルブランドの瀬戸内リトリート青凪、会津若松の奥座敷、福島県芦ノ牧温泉の大川荘、SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSEの3つの観光・宿泊施設が公開されています。

瀬戸内リトリート青凪〈愛媛県松山市〉

施設概要

施設名 : 瀬戸内リトリート青凪

所在地 : 愛媛県松山市柳谷町794-1

コンセプト・特徴:

世界的建築家、安藤忠雄氏が建築した美術館をラグジュアリーホテルとしてリノベーションした施設。

2015年に開業し外資系ではない国内系ホテルとして初のミシュラン最高評価や国際ホテルアワード3冠を獲得し、国内外からの評価を獲得しています。

担当者のコメント

突如やってきたwithコロナ時代において、空間の体験を提供する側のホテルも変化を求められています。

今までに無い、革新的な技術を元にデジタル・3Dによる新しい建築体験を提供するDOOR TO THE FUTUREの取り組みはホテル業界にも新しい価値を提供してくれると期待しています。

引用元:「DOOR TO THE FUTURE」プレスリリース

大川荘〈福島県会津若松市〉

施設概要

施設名 : 大川荘

所在地 :福島県会津若松市大戸町大字芦牧 大字芦ノ牧下平984

コンセプト・特徴:

福島県・会津地方にある渓谷美が自慢の絶景温泉宿です。

四季折々の自然と渓谷の絶景が露天風呂や部屋から大パノラマで楽しむことができ、三味線の生演奏による出迎えも人気の施設です。

担当者のコメント

自粛生活が続くなか、様々な“やすらぎ”を提供する宿泊業には期待が大きいと感じています。

そんな中でオンライン上の新しい体験として、大川荘の特徴的な空間や景色を体感し、少しでも楽しんでいただければ幸いですし、今まで写真だけではなかなか伝えきれなかった魅力を届けることができるのではないかと期待しています。

引用元:「DOOR TO THE FUTURE」プレスリリース

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE〈山形県鶴岡市〉

施設概要

施設名 : ショウナイホテル スイデンテラス | SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE

所在地 :山形県鶴岡市北京田下鳥ノ巣23-1

コンセプト・特徴:

世界的建築家である坂 茂氏が初めて手掛けた宿泊滞在施設です。

全119室ある客室はすべて木造で、四季折々で表情を変える田園に優しく浮かぶように建てられています。

自然と調和した景観も魅力のホテルです。

担当者のコメント

まるで自分がそこにいるかのようにホテル館内を隅々までご覧いただけるDOOR TO THE FUTUREの取り組みは、緻密な建築のこだわりはもちろん、新しいホテルの楽しみ方も提案してくれます。

スイデンテラスの魅力とともに持続可能な社会への取り組みも世界に発信するきっかけになることを願っています。

引用元:「DOOR TO THE FUTURE」プレスリリース

まとめ

「DOOR TO THE FUTURE」では、施設を忠実に再現するだけでなく、施設の情報やこだわりも随所に盛り込み、そこにいるような体験と行きたくなる魅力を伝えてくれるVRコンテンツです。

高精細な4K 360°VR映像で制作されたコンテンツは、宿泊施設の魅力を十分に伝え、「訪れてみたい」と強く感じさせてくれます。

第2弾、第3弾と施設が増えるのが、楽しみですね。

ソース:「DOOR TO THE FUTURE」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む