VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > バーチャルマーケット4が「VR Awards」VRマーケティング部門最優秀賞を受賞

バーチャルマーケット4が「VR Awards」VRマーケティング部門最優秀賞を受賞

株式会社HIKKYは、同社の主催する「バーチャルマーケット4」が、非営利団体AIXRが主催する「VR Awards」のVRマーケティング部門において最優秀賞を受賞したことを発表しました。


「VR Awards」とは?

「VR Awards」は、VR業界における卓越した業績を表彰し、祝う中心的存在となるようなイベントで、今年で4回目を迎えます。

世界各国の70名以上の専門家により審査され、2020年11月12日に最優秀賞の発表が行われました。

「VR Awards」は、非営利団体AIXR(The Academy of International Extended Reality)が主催し、毎年ロンドンの中心部で、リアル会場における表彰式やディナー、ライブエンターテイメント、VIPアフターパーティーなどが行われています。

▲2019年「VR Awards」の様子

▲2019年「VR Awards」の様子

今年は新型コロナウイルスの影響でリアル会場では開催されず、VR空間(VRChat)の特設会場にて表彰式が行われています。

▲2020年「VR Awards」の様子

VRマーケティング部門について

VRマーケティング部門は、ハードウェア、映像、教育、ヘルスケア、ゲームなど全13部門のうちの一つで、今年はHIKKY社主催の「バーチャルマーケット4」が最優秀賞に選出されています。

ファイナリストには「バーチャルマーケット4」の他にも、「ウォルトディズニーアニメーションスタジオ」や、「Oculus Rift S」、「VALVE INDEX」などが名前を連ねていました。

主催 「動く城のフィオ」のコメント

国際的な栄誉ある賞を頂き、誠に嬉しく思っています。

しかし、これはまだバーチャルマーケットの挑戦の第一歩に過ぎません。

バーチャルマーケットは、バーチャル空間上に持続可能な生活圏と経済圏を作ることを目指しています。

未開のバーチャル空間は、現実世界に比する「現実」になり得る可能性があります。

今後、バーチャル空間上には多くの職業が生まれ、より多くの人がバーチャルで生きることを選択するようになるでしょう。

そんな未来予想図が、今回の受賞によって背中を押されたように感じ、嬉しく思います。

この受賞は、バーチャルマーケットを作り上げてきてくれたクリエイターさんと、歴代バーチャルマーケットのスタッフたち、バーチャルマーケットを支援してくれた数々の企業、そして、バーチャル空間を愛し、そこに暮らす全ての人達を称えるものです。

誠にありがとうございました。

引用元:プレスリリース




「バーチャルマーケット」とは?

世界から70万人以上が集まる世界最大のバーチャルイベントです。

バーチャル空間上にある会場で、出展者と来場者が、アバターなどのさまざまな3Dアイテムや、リアル商品(洋服、PCなど)を売買することができます。

その他、バーチャル空間上で乗り物に乗ったり、映像を見たり、来場者間でコミュニケーションを楽しむことなどもできます。

VR機器やPCから気軽に誰でも参加することができ、開催期間中は24時間運営されていることから、日本国内だけでなく、世界中から来場者が集まり回を重ねるごとに参加者が増加しています。

今回受賞した「バーチャルマーケット4」は、4月29日(水・祝)~5月10日(日)の12日間の日程で開催されました。

また、次回「バーチャルマーケット5」は、12月19日から23日間の会期で開催が予定されています。

参照:来場者は50万人を突破!VRイベント「バーチャルマーケット4」5/10まで開催中

バーチャルマーケット5開催概要

名称:Virtual Market5(バーチャルマーケット5)

主催:VR法人HIKKY

会期:2020年12月19日(土)~2021年1月10日(日)(計23日間)

会場:特設会場(バーチャル空間)後日URL発表

詳細:公式サイト

まとめ

「バーチャルマーケット4」は、9月に開催された一般社団法人XRコンソーシアム主催の『XRクリエイティブアワード2020』でも最優秀賞を受賞しています。

今回のアワードでも名だたるコンテンツが選ばれていますが、今後はどんなものが登場するのでしょうか。

また次回「バーチャルマーケット」もどんなイベントになるのか、注目したいところです。

参照:今年のXRクリエイティブアワード最優秀賞は「バーチャルマーケット4」が受賞!

ソース:『XRクリエイティブアワード2020』プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む