VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 文科省事業に看護師教育VRプロジェクトが採択!VR臨床実習が学生の学びを変える

文科省事業に看護師教育VRプロジェクトが採択!VR臨床実習が学生の学びを変える

株式会社ジョリーグッドは、医療・介護教育シミュレータを製造販売する株式会社京都科学が同社と共同で開発している「看護師教育VR」事業が、文部科学省の「令和2年度専修学校における先端技術利活用実証研究」に採択されたことを発表しました。


ジョリーグッド×京都科学×東京医大、3カ年の実証事業がスタート

専修学校における職業人材の養成機能を強化・充実するため、VR・AR等の先端技術の活用方策について実証・研究する事業「令和2年度専修学校における先端技術利活用実証研究」として、実習機会や学習時間が減少している看護師の育成環境構築を目的に、ジョリーグッド社、京都科学社、学校法人東京医科大学は、共同でVR教材を開発し、全国の看護系専修学校にて実証・検証を行います。

高齢化社会で必要性が高まる看護師の育成

厚生労働省は、2019年に看護職員(看護師、准看護師、保健師、助産師)が、2025年までに27万人不足するとの推計を発表しています。

また、2025年には団塊の世代が75歳に達し、後期高齢者人口が約2,200万人と急増し、国民の4人に1人が75歳以上になるといわれています。

急速に進む高齢化社会において看護職員の必要性は、高まる一方となっています。

コロナ禍での臨床実習

看護師を育成する医科大学や看護系専修学校では、新型コロナウイルスの影響で病院に立ち入ることができず実習の機会が失われる状況となっています。

また、患者側のプライバシーへの意識が高まり、学生が実際に患者とコミュニケーションを取る臨床実習が困難になっています。

VRでいつでもどこでも臨床実習体験が可能に

本事業では、毎年多くの看護師を輩出している東京医科大学と京都科学社が共同で、VRカリキュラムの監修を行い、ジョリーグッド社と共にVRコンテンツの制作が行われます。

制作されたVRコンテンツの有効性を全国の看護学校で3カ年をかけ、実際の看護学生に対し実証研究が実施されます。

開発予定のVRコンテンツ

VRコンテンツの内容は、小児科、産婦人科、精神科など様々なシチュエーションが予定されています。

開発されたVRコンテンツを用いて、学生へのランダマイズ検証や理解度テストなど、教育効果の比較検証を重ね、リモート環境でも従前の実習カリキュラムと同レベル以上の学習効果をもたらすプログラムの開発が目標とされています。

また、実際の臨床実習では経験できる症例が限られてしまいますが、希少症例などをVRコンテンツ化することで、本来必要である症例の看護経験を積むことが可能となります。

監修者コメント

VR教育は、感染症や災害発生時でも遠隔でいつでもどこでも学生の学習を保障する

東京医科大学 医学部看護学科 教授

東京医科大学病院 シミュレーションセンター センター長 阿部幸恵 先生


地域包括医療が進む中、看護職者は、多様な場で最善の看護を提供できる実践力が求められ、基礎教育は、その実践力の基盤を作る重要な役割を担っています。学生たちが、現場をイメージしながら実践力を身に着けるために、シミュレーション教育が導入されるようになりましたが、人・物・場所などの準備が障壁とされてきました。

このVRを用いたシミュレーション教育は、従来の障壁を乗り越えるだけでなく、感染流行・災害発生時にも遠隔で学生の学習を保障するという次世代型の学習の実現を可能にするものだと期待しています。

引用元:プレスリリース




一対多の遠隔臨床実習を実現「多接続リモートVR臨床システム」

「多接続リモートVR臨床システム」は、講師と受講者が、どこか一箇所に集まることなく、治療スタッフそれぞれの360°視野を、どこからでもVRで一斉に臨床学習できる次世代型医療教育システムです。

「多接続リモートVR臨床システム」を活用した遠隔VR講義では、VRによる臨床実習を一斉に提供することで、離れた場所にいる受講者らが現場に立ち会っているかのようなVR実習体験を実現します。

講師のタブレットアプリでは、注視してほしいポイントをタブレット上に描画することで、受講者のVR内での視線を誘導するなど、昨今の新興感染症による休校や実習の休講の中でもスムーズなリモートVR授業を実施することが可能です。

本システムを活用し、在宅環境下における遠隔リモート型VR授業の実証実験を行い、看護師育成に必要な臨地実習時間を満たすことの出来る新たな実習カリキュラムの構築が行われます。


まとめ

高齢化社会に加え、Withコロナ時代においては、看護職員の増強が必須となっていますが、教育する側の人手不足や環境整備など、難しい課題が山積みになっています。

しかし、VRを活用することでこれらの課題の解消につながります。

医療現場でのVRコンテンツ制作には、プライバシー保護などの難しい面もありますが、この実証実験を通して、有効性が実証され、VRによる臨床実習がスタンダードになることを期待します。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む