VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > WebARカメラ「TOBIRA」が顔認識に対応!キャラになりきることが可能に

WebARカメラ「TOBIRA」が顔認識に対応!キャラになりきることが可能に

WebAR・WebVRのシステム開発を行う株式会社palaは、同社が運営を行うアプリ不要でブラウザだけで楽しい写真が撮影可能なWebARカメラ「TOBIRA(トビラ)」について、Face Tracking(顔認識)機能に対応したことを発表しました。

顔をトリガーとして各種キャラクターの顔を表示させたり、帽子やメガネ等のオブジェクトを表示することが可能になっています。


「TOBIRA」が顔認識の利用が可能に!

「TOBIRA」は、Webブラウザだけで体験できるカメラサービスです。

その同サービスに今回、Face Tracking(顔認識)機能がリリースされました。

Face Tracking機能により、顔の位置を認識して様々なキャラクターのお面を表示させてキャラクターになりきったような写真を撮ったり、帽子やメガネを表示して仮装風の写真を楽しむことができるようになっています。

活用例

このサービスは、以下のようなことに活用することが可能です。

・ゆるキャラやご当地キャラの顔を顔認識で表示させ、キャラクターになりきった写真撮影を楽しんでもらう

・メガネや帽子の試着が簡単にできるオンライン試着として活用する

詳細:ビジネス活用方法詳細

「TOBIRA」Face Tracking顔認識機能の概要

「TOBIRA」のFace Tracking(顔認識)機能では、スマートフォンのカメラで顔の位置を認識し「TOBIRA」で顔をトリガーとして各種オブジェクトの表示ができます。

「TOBIRA」の各種スタンプやフレームとあせて利用することでさらに「映える」写真を撮影することが可能です。





WebARカメラサービス「TOBIRA」とは?

「TOBIRA」は、Webブラウザで体験できるARカメラサービス。

これまでは『映える』写真をとるためには、写真にスタンプやフレームを配置したり、フィルター機能でモノクロの世界観に加工できる写真加工アプリをダウンロードすることが主流でした。

「TOBIRA」では面倒なアプリダウンロードが不要で、

「ちょっと一手間加えた写真を撮りたいな」と思った時に、手軽にスタンプやフレームつきの映える写真をSNSにシェアすることができます。

また、プロモーションやイベント等で活用できる有料スタンプやフレームの販売も行われています。

詳細:公式サイト

まとめ

VR Insideでも何度も紹介している「TOBIRA」ですが、また新しい機能が登場しました。

顔認識に対応し、スタンプやフォトフレームだけでなく、試着などのサービスにも活用できるようになっています。

さまざまなイベントなどで活用されているAR技術ですが、ほんの数年前までは考えられなかった"楽しさ"が、近年はどんどん登場していくのが実感できますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む